コストコの新しいパン!ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール

コストコに新しいパンが登場しましたー!

ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール

カークランドシグネチャー ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール 20個 998円(税込)

メニセーズの『チャバッタロール』よりもひと回りほど小さいサイズで、2種類入っています。最近コストコのパンは小さめがよく登場しているので、ミニサイズ好きの私としては嬉しい限り(笑)。

コストコ新商品!“Menissez(メニセーズ) チャバッタロール”ってどんなパン?

2019-05-17

早速、どんなパンなのかチェックしたいと思います。

どんなパン?

ナッツ&フィグロール全体

 

じゃ〜〜ん。

 

入っているのは『ウォールナッツヘーゼルナッツロール』『フィグ(いちじく)ロール』が10こずつです。

ヘーゼル&フィグロール

どちらもスクエアでクープは1本。サイズは8cm×6cmくらいです。




原材料

クルミヘーゼルナッツパン(小麦粉・サワー種・くるみ・ヘーゼルナッツ・食塩・イースト・小麦グルテン・大麦麦芽粉・小麦麦芽粉)
いちじくパン(小麦・乾燥いちじく・ライ麦粉・食塩・イースト・小麦グルテン・米粉・小麦麦芽粉)

パンの色を見て、てっきりウォールナッツヘーゼルナッツの方にライ麦粉が使用されているかと思ったら違いました。フィグの方に入っているようですね。

ナッツ&フィグロール断面

断面はこんな感じ。パネトーネのように全体にぎっしりナッツやフィグが入っているわけではないようです。と言うか、何となくフィグが少ないような気がするなぁ。

今年もコストコに“シュトーレンとパネトーネ”が登場!イタリア産“Chiostro di Saronno パネトーネ”

2018-10-18

どんな味?

では実際に食べてみたいと思います。まずは『ウォールナッツヘーゼルナッツロール』から。

 

おいしーーい!

 

香ばしくてナッツ感がすごい! 噛めば噛むほどジュワッとナッツの味がして後を引くおいしさです。今まで食べてきたウォールナッツだけのパンより、断然こちらの方がおいしい。

パン好きの私ですが、ヘーゼルナッツ入りは珍しく、ウォールナッツと合わせるとどんなパンになるのか興味があったのですが、予想を遥かに超えておいしくてびっくり(笑)。やはりヘーゼルナッツの食感はさすがです!!




これ、結構好きかもー。

肝心の生地は、むっちりとしていて柔らかです。弾力も適度。軽くトーストすると外はパリッとして、さらにおいしくなる。個人的には食べる直前トーストするのがおすすめです。

次は『フィグロール』をいただきます。

 

うん、おいしい。

 

残念ながら『ウォールナッツヘーゼルナッツロール』ほどの感動はありませんが、普通においしいです(笑)。

こちらも生地はむっちりとしていて柔らかです。ただ、フィグの割合が少ないかなーと思った通りその存在感はあまりなく、ほんの少し酸味が感じられるロールパンといった感じでした。

でも、フィグはチーズと好相性なので、薄くスライスしてカマンベールチーズを乗せ、上から蜂蜜をたらして食べたら、少量のフィグがいい仕事をして・・・

 

最高でした(笑)。

 

まとめ

ナッツもフィグも大好きなので、食べるのがすごく楽しみだった『ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール』は、どちらも香ばしくフィリングが生かされたパンだと思いました。

それぞれ食感が違い味も全く違いますが、どんな料理にも合わせやすい食事系パンだと思います。個人的には『ウォールナッツヘーゼルナッツロール』はサラダやシチューと、『フィグロール』はカナッペに使用したりグラタンと合わせたいと思う味でした。

もちろん、どちらもサンドイッチにおすすめ! 意外とどんな具材とも相性が良いのではないかと思います。量が20個と多いですが、食べ切れない分は冷凍保存もOK。解凍後も味は変わりません。

ということで、今回登場したロールパンは、適度な大きさで食べる時にカットする必要もない点が魅力的。ナッツやフィグが苦手でなければ、ぜひ食べてみてください。おすすめです。

ちなみに、私は『フィグロール』とカマンベールと蜂蜜の組み合わせにハマり、毎夜薄くカットして食前に食べています。こういうおいしいものを食べている時は、都合よく「糖質制限」を忘れる私です(笑)。

おすすめ度:★★★☆☆