使うのはたった2つの調味料!なすとベーコンのピリ辛炒め

なすとベーコンの相性は最高ですよね(笑)。洋風でも和風でも、どんな味付けでもおいしい。

我が家では、比較的息子達の好みに合わせてトマトやチーズと一緒に合わせて洋風にすることが多いのですが、週末のビールのあてには、やっぱりちょっとこってりとしたピリ辛の方が合うと思うんですよね(笑)。

ということで、今日はコストコで購入したベーコンを使った、超簡単なすとベーコンのピリ辛炒めレシピをご紹介します。

伊藤ハム ハーフベーコン 600g 888円(税込)

これが使用したベーコンです。

実はこのベーコンを購入したのは、今回がはじめて。コストコで販売されている伊藤ハムのベーコンと言えば、スライス(ロングタイプ)だった気がするのですが、購入したときはこのハーフベーコンしか並んでいなかったんですよね。



それに、私のお気に入りのTIBALDI(オーストラリア産)のベーコンは最近見かけないし、他の海外産のものはロングタイプがほとんど。でも実際に使うときは、意外とロングのままではなくカットして使うことが多いので、このハーフタイプが便利かなと試しに買ってみることに。

>>自家製塩漬け豚で簡単煮込み料理

すると、予想以上に使いやすかった!切れているって便利ーー(笑)。

ただ・・・

このベーコンは燻製ではなく、くん液に漬け込んでいるだけなので香りはほとんどなく、お味の方もあっさり軽めなのです。朝食に軽くソテーして食べるにはちょうど良いのですが、ブロックベーコンのような噛みごたえや味の深みは残念ながらありません。

でも、おいしい(笑)。

材料(1〜2人分)

なす・・・1本

ハーフベーコン・・・6枚(ロングタイプなら3枚)

食べるラー油・・・小さじ1(どこのメーカーものでもOK、今回は桃屋のラー油を使用)

オイスターソース・・・小さじ2

サラダ油・・・大さじ1

  1. ベーコンは5mm幅くらいに切ります。
  2. なすは縦半分に切り、斜めうす切りにします。時間があれば水にさらしてアク抜きをしてください。
  3. フライパンになすを入れて広げ、サラダ油を回しかけてから火にかけます。そのまま2分ほど焼き、上下を返してさらに1〜2分ほど焼きます。
  4. なすをフライパンの端に寄せ、空いたところにベーコンを入れます。
  5. ベーコンの色が変わってきたら、なすと合わせて炒めます。
  6. そこへ食べるラー油とオイスターソースを加え、全体を混ぜて軽く炒めれば完成です。お好みでごまやネギをトッピングしてどうぞ。

以前ご紹介したテリー家の食べる麻辣でも作ってみたらおいしかった!なので、食べるラー油ならどこのメーカーのものでもおいしくできると思いますよ。

>>食べるラー油よりおいしいかも!?“テリー家の食べる麻辣”

しっかりと味がつくので、もちろんごはんのおかずとしてもおすすめ。塩も胡椒も使わない簡単なひと品、ぜひ作ってみてください。

 

おすすめ度:★★★☆☆(ベーコン)

 

こちらの記事もどうぞ!