ちょっと時間のある時に作りませんか?オニオングラタンスープ

スープにもいろいろありますが、手間のかかるスープの代表と言えば・・・

 

オニオングラタンスープ!

 

かも知れないと思う私。便利な炒めたまねぎが販売されているくらいですからねー、それだけ需要があるということは、誰もが『面倒なこと』だと思っているに違いない(笑)。

確かにたまねぎを飴色にさせるのは面倒だけれど、たまにすごーーく食べたくなるのも事実。やけどしそうになりながら食べるスープの味は、やっぱり寒い冬に思い出す味ですよね。

というわけで、今日は少しだけいつもより手をかけて(笑)、アツアツオニオングラタンスープを作りたいと思います。でも!本格的な飴色にするのは大変なので、そこは適度に。

今回トッピングチーズには、コストコで購入した『FINLANDIA Muenster』を使いました。このチーズ、いわゆるとろけるチーズなのですが、すごくおいしいのです。

FINLANDIA Muenster cheese ナチュラルチーズ 1,238円(税込)

ちょっと厚めのスライスチーズで、そのままでも食べてみましたが、断然溶かした方がおいしいです。風味が良くなり、どことなくあと味がモッツァレラチーズと似ています。コストコで見かけたら試してみてください。おすすめです。

それでは、レシピをどうぞ。

材料(4人分)

たまねぎ・・・3個

バター・・・20g

にんにく・・・1片(大きめ)

水・・・750ml

コンソメキューブ・・・2個

ローレル・・・1枚

塩・胡椒・・・適量

バゲット・・・スライスしたもの4枚

チーズ・・・適量(シュレッドでもスライスでもお好みで)

ドライパセリ・・・適宜

  1. たまねぎとにんにくは薄くスライスします。
  2. 鍋にバターとたまねぎ、にんにくを入れて火にかけます。全体にバターがなじんだら弱火にして混ぜながら炒めていきます。(上の写真は約10分、下の写真は約35分炒めたところです)
  3. 全体がだんだん茶色くなってくるまで炒め続けます。
  4. たまねぎがいい色(たまねぎがねっとりしていればOKです)になったら、水・コンソメキューブ・ローリエを加えます。いったん火を強めて沸騰させ、アクを取ります。その後蓋をして弱火で25〜30分ほど煮込みます。
  5. 煮込んでいる間にバゲットを焼いておきます。
  6. でき上がったスープを器に入れ、バゲットとチーズをのせてドライパセリをふります。オーブントースターに入れ約10分ほど焼きます。チーズが溶けて焦げ目がつけば完成です。

なかなか冷めないのもこのスープの魅力ですが、でき上がってすぐに食べると、きっとやけどします(笑)。バゲットは大きいと食べにくいので、お子さんには小さめにカットしたもので作ってあげるといいですね。

まだまだ寒い日が続きそうです。ほっこり体が温まるスープをぜひ。ちなみに我が家では、グラタンにせず、炒めたまねぎだけで作るオニオンスープも好評ですよ。

 

こちらの記事もどうぞ!