コストコで買った和食器“美濃焼 十草ボウルセット”の使い心地

3月5回目のコストコショッピングで買っていた『美濃焼 十草ボウルセット』をしばらく使ってみたので、その使い心地などを今日はご報告したいと思います。

mino tokusa

美濃焼 十草ボウルセット 4ピース 2,398円(税込・2021年3月)

初めてコストコで『美濃焼』を購入したのは 2020年7月のこと。それ以来、我が家には『美濃焼』が増え続けているんですよね〜。きっと全国のコストコユーザーの中には、私と同じような人もいるはず(笑)!!

増えた『美濃焼』の中では、特に『大皿』が気に入っています!

本当に軽くて扱いやすい!!  初めは軽過ぎて大丈夫なんだろうかと心配もしましたが、今ではすっかり慣れてジャンジャン使っています(笑)。

もしまた出会うことあれば、割れた時用に買い起きしておきたいなぁと思うほど。

どんなもの?

mino1

1箱に入っているのは、大小 2サイズのボウルが 2ピースずつ。恐らく2人用だと思います。

mino2

調べてみると、このボウルは『台形マルチボウル』と呼ばれるものらしく、どんな料理にも和洋中関係なく使えるらしい。確かに、どちらも落ち着いた色ですからね。

mino 3

おまけに、この小サイズよりも更に小さい茶碗サイズや小皿がお揃いであるんですよ!

mino4

正確なサイズ名称は、大が Mサイズ、小が Sサイズ、ここにはないけれど 1番小さいものが SSサイズとなっているようです。

 

おすすめ用途

  • 大(M)サイズ・・・ラーメン丼・麺鉢
  • 小(S)サイズ・・・丼・煮物鉢・スープボウル

 

mino blue

ボウルの表面は、十草(トクサ=木賊)と呼ばれる模様が描かれていて少し凹凸があります。

mino white

手で持った感じは、それなりにずっしり。

でも重みがあったほうが、汁物などを入れる場合は安定感があってGOOD! それに片手で持つこともできるので、使い勝手も問題なし。

mino logo

底には、しっかり『MINO Made in Japan』の刻印も入っていますよ!

 

サイズ&容量

  • 大(M)サイズ・・・直径およそ 19cm×高さ10cm・重さおよそ450g・容量およそ1,290ml
  • 小(S)サイズ・・・直径15.5cm×高さ8.5cm・重さおよそ370g・容量およそ780ml

 

使用感

実際にうどんを入れると、こんな感じなります。(*画像は『キムチうどん』のもの)

kimuchi4

上から画像なのでわかりにくいかも知れませんが、深さが適度にあるのでどんなものを入れても収まりがいいんですよね。何度か使っているうちに、そう実感しました。

今まで使ってきたものは、もう少し広いタイプで浅かったので、ラーメンなどで使うと『なみなみ』となる(笑)。でも、これくらいの深さがあると余裕です。但し、他の食器同様熱いものを入れるとボウルそのものは熱くなるので、持つ時に注意は必要ですけど。

あとは安定感かな。

手を添えていなくても、箸が当たったくらいでは倒れない! なので、小サイズはお子さんの汁物入れにピッタリじゃないかと思います(笑)。お椀などをコテンと倒されると、結構ショックですから〜(過去に何度も経験済・苦笑)。

そうそう、それにどんな料理に使っても映えるのが素晴らしい!

まとめ

『美濃焼』は、以前にも触れましたが日常使いにぴったりな和食器です。お手頃価格で購入できるのに、ちょっとおしゃれなデザインが多くファンの人も多い。

コストコに入荷するものは、基本的にデザインに共通性があって雰囲気が似ているので、どれを買っても合わせやすく使いやすいのでおすすめです。

価格も一般市場に比べてかなり安い点を考えると、多少食器の数が増えても買って損はないかなと思います。

もちろん常に断捨離をしている我が家では、増えた分を減らす努力はしています(笑)。ちなみに、大体処分のターゲットになるのは重い食器。年齢を重ねると、どんどん重い食器って使わなくなるのです〜。

今回購入した『十草ボウル』は、汁物からごはんものまでオールマイティに使える便利なもの。倉庫店によっては既に完売しているかも知れませんが、まだ残っている倉庫店も多いと思うので、ぜひ1度手にとって質感などを確認してみてください。おすすめですよ。

おすすめ度:

mino tokusa
\follow me!/