何にでも合わせやすくて使いやすい!“エヌ・シー・エルのモッツァレラチーズ シュレッド”

我が家は全員チーズ好き。カットして食べるハード系チーズや溶かして食べるチーズなど、冷蔵庫に欠かすことはありません。

その中でも、特に切らしたことがないのが『モッツァレラチーズ シュレッド』。コストコで初めて購入して以来ずっとお付き合いが続いています(笑)。

エヌ・シー・エル モッツァレラチーズ シュレッド 1kg 828円(税込)

みなさんもご存知のように、コストコには数多くのチーズが並んでいます。なので、モッツァレラチーズとひと言で言っても、その種類はいろいろ。

>>朝食にいかが?コストコのフレッシュモッツァレラと卵のココット

プレーンなフレッシュタイプやスナックタイプ、オイル漬けなどもありますよね。




我が家でもフレッシュタイプのモッツァレラチーズは時々使うのですが、日常的に使うのはシュレッドタイプが圧倒的に多い。やはり使い勝手が良い(使用量の加減ができる)ことや保存がきく点が大きいと思います。

ずっと以前は、カークランドシグネチャーのシュレッドモッツァレラチーズを買ったこともあるのですが、あちらは2.26kgと量が多く(苦笑)、冷凍保存を考えるとこの1kgというのは有り難いのです。

エヌ・シー・エルって?

さて、このシュレッドチーズの原産国を見るとドイツとなっています。でも製造者は日本のエヌ・シー・エルです。

どういうことかと言うと、エヌ・シー・エルは JUCOVIA(ジャコヴィア=ムラカワ株式会社)のグループ会社のひとつで、おもに輸入したチーズのカット・シュレッド・加工を専門としている会社なのです。つまり、海外産のチーズを国内工場で加工しているわけです。

ちなみに、JUCOVIAグループの会社は、全て輸入チーズ関連の業務を行なっているようです。世界中の厳選したチーズを日本に届けてくれています。

ところで、コストコではモッツァレラチーズ以外にもエヌ・シー・エヌが製造したゴーダチーズマーブルシュレッドチーズ(ミックス)なども販売されています。

 

これです!(神戸倉庫店)

 




見たことあります?

我が家では、赤いパッケージのゴーダチーズ シュレッドは食べてみたことがあるのですが、イマイチ家族の受けが良くなくて・・・。結局モッツァレラチーズばかりをリピ買いしています(笑)。

どんなチーズ?

では、透明パッケージなので中身は見えるのですが、一応取り出してみたいと思います。

いわゆる一般的なシュレッドチーズと変わりなく、表面にはくっつき防止のためにセルロースがまぶされています。ときどき塊になったものもありますが、大体はパラパラとしているので使いやすいです。

このモッツァレラチーズをリピ買いしている理由は、適度な量ということだけでなく、塩分も程よく比較的あっさりとした味でおいしいからです。そしてよく伸びる点もGOOD。グラタンやハンバーグのトッピング、リゾットやパンにと大活躍しています。




これは、先日購入したキャンベルスープのコーン缶を使った『トマトのコーングラタン』。家族の好みに合わせて、チーズ量を調整しています(笑)。1kgとたっぷりあるので、豪快に使えるところも魅力ですね。

>>最近買ったものはコレ。コストコで購入した我が家のリピ買い商品

トマトのグラタンは、何と言ってもとろけるトマトが最高です!チーズともよく合うんですよねー。

まとめ

市販品に比べると量は多いエヌ・シー・エルのモッツァレラチーズですが、どんな素材や料理とも合わせやすい味は、家にストックしておくと重宝します。

もちろん冷凍保存も可能なので、量が多過ぎると心配する必要もなく、少量ずつジップロックなどに入れて冷凍庫へ入れてしまうだけ(笑)。使うときは冷凍のままでOKなので、手間なしですよ。

ちょっとボリュームが足りないなぁと思ったら、チーズをプラス(笑)。ホントに便利に使えるのでおすすめです。

おすすめ度:★★★★☆

 

costco

コストコで何を買おうか迷った時は、定番商品を買ってみよう!

コストコには、本当に様々な種類の商品があります。ヘビーユーザーではない人は、やはりどれを買えば良いのか迷うことも多いはず。そんな時は、1年中ほぼ店頭に並んでいる定番商品を選んでみましょう!

 

 

コストコのチョコレートを詳しく知りたい時は?

1年中買うことができるチョコレートですが、やはりクリスマスやバレンタインシーズンは『チョコレートパラダイス』状態になります。たくさんあり過ぎて迷ってしまった! そんな時はレビューをチェックしてみてください。