最近ハマっているもの。コストコのオーガニック納豆“有機そだち”

家族の中で納豆が好きなのは私だけ。

夫は昔から苦手でニオイも味もダメみたい、息子達は小さい頃は大好きでよく食べていたのに、いつの間にやら普通になってしまい、今では滅多に自分から食べようとはしません(好んで食べない)。

なので・・・

 

いつも好きな納豆が選べる(笑)!

 

どのメーカーでもどんな納豆でもOK。私が食べたいものが買えるのです。

あずま食品 オーガニック 有機そだち 極小粒納豆 3カップ×3パック 338円(税込)

パッケージと内容量はリニューアルしているものの、この納豆は昔からコストコで販売されているものなんですよ。過去に1度だけ購入したことがあるのですが、糖質制限を始めてから久しぶりに購入。現在は毎朝食べるようになり、リピ買いしています。




以前の朝食はシリアルメインだったのですが、ケロッグのフルーツグラノーラでさえ、1食分 40gで炭水化物が 34.1gもあるんですよ(苦笑)。なので、泣く泣く断念。チョコレートも食べたいし、パンも食べたいと思うと、何かを諦めなければいけませんからねー。

あずま食品は納豆の老舗

知る人ぞ知る納豆の老舗『あずま食品』ですが、関西のスーパーではあまり見かけない気がするんですよね(私が気付いていないだけかも知れませんが)。なので私が初めて知ったのは、実はコストコなのです。

あずま食品は 1950年に創業した栃木県にある納豆一筋のメーカーです。現在は極小粒から大粒まで、様々な粒サイズの納豆や、国産大豆や有機大豆、黒豆など原料の違う納豆を製造しています。

今回購入したコストコ商品は、有機大豆の納豆になります。

どんな納豆?




原材料

有機丸大豆(アメリカ・遺伝子組換えでない)・納豆菌  <たれ>有機しょうゆ(小麦・大豆を含む)・砂糖混合異性化液糖・異性化液糖・食塩・たん白加水分解物(大豆を含む)・砂糖・みりん・酵母エキス・かつお節エキス・ぶどう糖・醸造酢  <からし>からし・醸造酢・水飴・食塩・香辛料

どんな納豆なのかをまとめて言うと、原材料を見るとわかるように、使用されている大豆はアメリカ産の有機極小粒大豆(契約栽培大豆100%)、そして付属のたれ・からしには化学調味料・保存料・着色料が使われていない、つまり安心して食べられる納豆なのです。

私が毎日続けられているのは、その安心プラス、やはり1カップが 30g入りの少量タイプだから。ちょっと食べるにはちょうど良い量なんですよね。多すぎず少な過ぎないという感じ。一般的なパックタイプの納豆だと40gあるので、それだと微妙に多く感じるのです。

カップの中はこんな感じ。いたって普通です(笑)。たれやからしの量もちょうど良いのですが、からしは結構辛いので注意が必要かも。食べる時はいきなり全部を入れずに、加減しつつがおすすめです。

見てください!

糸がすごいでしょう? 引っ張れば引っ張るほど伸びて切れない(苦笑)。一体どこまで伸びるんだ?と思うほどなんですよ(笑)。

どうしてこんなに伸びるんだろうかと気になり調べてみたら、どうやらその理由は、アメリカ産大豆と納豆菌にあるらしい。国産の大豆よりもアメリカ産の大豆の方が糸引きを起こす『ポリグルタミン酸』が多いんですって。知らなかったー。

で、こちらがスタンバイOKの納豆。ぐるぐる混ぜるとふわっと仕上がります。

 

うん、おいしい!

 

シンプルな味で食べやすい納豆です。毎日食べても飽きませんよ(笑)!

まとめ

糖質制限がきっかけで毎日食べるようになった『有機そだち』納豆は、シンプルな味だけれど、粒がしっかりとしていて食べ応え十分。安心して食べられる納豆です。

アメリカ産の有機大豆が使用されているので糸引きが強く、納豆特有のねばりが好きという人には特におすすめです。

また、混ぜてもこぼれることがないカップタイプであること、食べる量を調整しやすい少量タイプであることもおすすめポイントです。小さいお子さんのおやつとしてもちょうど良いサイズだし、たっぷり食べたい時は好きなだけまとめて混ぜればOK。コストコでは9カップセットなので量が多い?と思いきや、意外と重宝するかも知れません。

体に良いと言われている納豆は、毎日少しずつ食べたいもの。私は今後もしばらくは食べ続けるつもりです。みなさんも、いかがですか?

おすすめ度:★★★☆☆

 

costco

コストコで何を買おうか迷った時は、定番商品を買ってみよう!

コストコには、本当に様々な種類の商品があります。ヘビーユーザーではない人は、やはりどれを買えば良いのか迷うことも多いはず。そんな時は、1年中ほぼ店頭に並んでいる定番商品を選んでみましょう!

 

 

コストコのチョコレートを詳しく知りたい時は?

1年中買うことができるチョコレートですが、やはりクリスマスやバレンタインシーズンは『チョコレートパラダイス』状態になります。たくさんあり過ぎて迷ってしまった! そんな時はレビューをチェックしてみてください。