意外と食物繊維が豊富!ロメインレタスの簡単グラタン

ロメインレタスのシャキシャキとした食感やちょっと苦味のあるところが好きなのですが、らでぃっしゅぼーやはもちろん、ご近所スーパーでは滅多にお目にかからないんですよね。

でも、有り難いことにコストコで買えるのですー!

長野県産 ロメインレタス 2株 399円(税込)

コストコのロメインレタスは、ご覧のようにパッケージにギリギリおさまるくらいに成長した立派なものが多いのですが、たまーに「え?」と驚いてしまうほど小さいサイズのときもあります(苦笑)。なので、今回はラッキーでした。



ロメインレタスの栄養

みずみずしいレタス類はどれもほとんどが水分なので、あまり栄養価は高くありません。それでも、意外とβカロテンや食物繊維を多く含んでいるのがロメインレタスなのです。

特徴でもある苦味成分(ラクチュコピクリン)には、安眠効果鎮静・鎮痛効果があるとも言われています。でも、少し食べたくらいでは効果は期待できないと思いますけどね(笑)。

あ、でも確かピーターラビットの絵本で、子ウサギ達がレタスを食べて眠くなるというシーンがありましたっけ?

ところで、このロメインレタスですが、みなさんどんな風に食べていますか?やはりサラダでしょうか?これでシーザーサラダを作ったら最高ですからね(笑)。

我が家でもフレッシュのままでよく食べていますが、今日ご紹介するレシピはちょっと違いますよ。

 

グラタンです!

 

たっぷりのソースをかけて焼くグラタンだと、せっかくのロメインレタスの食感がなくなってしまうので、ソースは散らす程度で使います。

それでは、レシピをどうぞ。

材料(4人分)

ロメインレタス・・・外葉を外した中心部分(上画像参照)

ミートソース・・・40g(手作りした冷凍ソースを使っていますが、市販のものでもOKです)

シュレッドチーズ・・・30〜40g(モッツァレラ使用)

エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1

塩・胡椒・・・適量

  1. オーブンを180℃に予熱します。
  2. ロメインレタスは外葉を取り、縦に1/4サイズにカットします。
  3. 耐熱容器に並べ入れ、軽く塩・胡椒をふります。
  4. ミートソースをその上に散らしてのせたら、シュレッドチーズものせます。
  5. オーブンに入れて10〜15分焼きます。(焼き過ぎ注意。10分経ったらのぞいてください)
  6. 焼けたら、エキストラバージンオリーブオイルをまわしかけて仕上げます。

このグラタンは取り分けてお皿にのせるとイマイチ豪華さはないのですが、葉の部分はやわらかく芯の部分はシャキシャキとした食感が残っていておいしいのです。家族もお気に入りのレシピなんですよ。

この簡単グラタンとバゲットやスープを合わせれば、ランチも完成(笑)!メイン料理の付け合わせにもおすすめです。

いつものフレッシュロメインレタスに飽きたら、ぜひ作ってみてください。

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!