混ぜて焼くだけ!大和芋と海老の揚げ焼き

先日届いたらでっしゅぼーやのぱれっと『しきさい』に、大和芋が入っていました。

>>らでぃっしゅぼーやの新ぱれっと“しきさい”が届きました

届いたぱれっとの中には、その週に届いたメニューが入っていて、そこに大和芋で作る洋風揚げレシピが書いてありました。それを見て、久しぶりに天ぷら(さつま揚げ)が食べたくなり、魚のすり身じゃないけれど大和芋で作ることにしました。

これ大和芋?

大和芋は山の芋の一種で消化酵素を多く含むスーパー食材(笑)!昔から滋養強壮に良いと言われています。どんな山の芋でもそうなのですが、ちょっと体力が弱っているときなどに食べると元気が出ますよねー。

実は今回届いた大和芋ですが、はじめは見た目が『大和芋じゃない!』と思ったのですよ。なぜかと言うと、どうみてもゴロンとしていてゴツゴツしたいわゆる私の思っている大和芋じゃなかったから(笑)。

“しきさい”が届いたときの紹介記事で写真を確認してもらえるとわかるのですが、どうみてもいちょう芋なんですよね。で、気になって調べてみたら、関東ではいちょう芋のことを大和芋と呼ぶことを知り、納得(笑)。

地方によって呼び名が違うものって結構ありますねー。

では、とっても簡単にできる大和芋と海老の揚げ焼きレシピをどうぞ。

材料(3〜4人分)

大和芋・・・250g

海老・・・50g(ボイルしたもの)

ニラ・・・10g

片栗粉・・・20g

塩・・・1g(小さじ1/4〜1/3くらい)

  1. 海老を1cm長さに切ります。
  2. 大和芋の皮をむき、すりおろします。
  3. ニラは、5mmほどの長さに切ります。
  4. ボールにすりおろした大和芋・海老・ニラ・片栗粉・塩を入れ、よく混ぜます。
  5. フライパンに多めの油を入れ、スプーンですくって落とし揚げ焼きにします。途中で上下を返しながら、約3〜5分焼けば完成です。

でき立てのアツアツはもっちもち!おいしいですよー!冷めると若干パサつき感が出ますが、味は大丈夫(笑)。なので、お弁当にもおすすめです。

この揚げ焼きは、海老の塩分と加えた塩だけで十分味がついていますが、お好みで柚子胡椒をつけてもおいしいですよ。

食欲の秋ですねー。この季節になると炊き込みご飯がやたらと食べたくなります(笑)。山の芋はとろろごはんで食べると最高においしいと思いますが、たまにはいつもと違った食べ方も良いものです。

おつまみにもピッタリなので、今夜の1品にいかがですか?