いつ食べてもおいしい!カークランドシグネチャー“バジルペスト”

コストコのオリジナルブランド『カークランドシグネチャー』には、本当に色々な商品があります。その中でも、私がコストコに通いだしてからずーっとリピ買いしているのが、こちら。

『バジルペスト』

カークランドシグネチャー バジルペスト 624g 1,548円(税込)

コストコでこのソースに出会う前は、他ブランドのありとあらゆるバジルソースを買って試していました。でも、ちょっと青臭かったり、にんにく風味が強かったりと、これだ!と思えるソースになかなか出会えなかったんですよね。

たまに「お、これはおいしいなぁ」と思うと超高価だったり(苦笑)。普段たっぷり使いたい我が家には不向きで・・・。結局、家族全員がおいしいと認めたイタリア産ソルレオーネのバジルソースを、手頃な価格ということもあり、よく購入していました。

そんなある日、コストコでこのバジルペストに出会ったのです。量が多いので、万が一口に合わなかったらどうしようかと思いつつも試しに購入。それが食べてみたらおいしくて! それ以来、ずっと買い続けています。

バジルペストって?

そもそもバジルペスト(ペスト・ジェノベーゼ)は、イタリア北西部のリグーリア州ジェノヴァ発祥のソース。今から遥か昔の9世紀に誕生したと言われているんですよ。

そんな昔から、おいしいソースを食べていたんですねー。何でもそうですが、最初に気付いた人や考えた人ってすごいなと思います。

バジルペストの基本材料

バジル・エキストラバージンオリーブオイル・にんにく・松の実・塩・パルミジャーノ・ペコリーノ

実は若い頃、材料を揃えて作ってみたこともあるのですが、当時(ご近所で)は松の実がすぐに手に入らなくて・・・。今のようにネットで簡単に買える時代ではなかったんですよ(笑)。で、何度か作ったものの結局自分で作るのは面倒だとなり、それに市販されるバジルソースの種類も増えたこともあり、もっぱら購入するようになりました。

シンプルな材料を混ぜて作られるバジルペストは、素材のバランスで大きく味が変わるので、自分の口に合うものが見つかった時は、やはりうれしかった。

どんなもの?

では、中身を見てみましょう。蓋を開けると、こんな風に上部にはオイルがたっぷり! 初めて使うときはちょっと混ぜるのが大変ですが、オイル自体もおいしいのでしっかりと混ざらなくても気にしない(笑)。

原材料

ひまわり油・バジル・パルメザンチーズ・松の実・オリーブ油・ペコリーノロマーノチーズ(めん羊乳)・にんにく・食塩・黒胡椒・酸化防止剤(ビタミンC)・酸味料

このバジルペストがおいしいなと思う理由は、やはりバジルの風味が良いこと。もちろん、チーズも効いているんですけどね。個人的には『ペスト・ジェノベーゼ』らしい味だなと思っています。これで、オイルが全てオリーブオイルだったらなぁと思いますが、そうなると高価なソースになってしまうから仕方がないですね(苦笑)。

ところで、みなさんはバジルペストをどんな風に使っていますか?

パスタですか? ピザですか? 我が家ではパスタはもちろん! お肉やお魚料理に、またきのこのソテーなどにもよく使うんですよ。先日は、ボイルホタテにかけて食べてみたら、

めちゃうまでしたー(笑)。

バジルペストって、万能ですね!

ということで、今日はお気に入りのバジルペストのご紹介でした。

今までコストコのバジルペストは量が多いから・・・と敬遠していた人は、小分けして冷凍保存も可能なので、ぜひ1度食べてみてください。何にでもよく合う、使うだけで一気にイタリアンが完成するソースです(笑)。

おすすめ度:★★★★☆