今度はボトル入りで無香料!“べスプリット クレンジングハンドジェル”

コストコで販売制限はあるものの、マスクを含め、最近は随分除菌関連の商品を見かけるようになりました。

先日も、以前コストコオンラインショッピングで購入したミニサイズ『べスプリット クレンジングハンドジェル』のボトルバージョンが販売されていて、よく見ると無香料! これは嬉しいと即買いしました。

べスプリット ボトル

BESPRIT(ベスプリット) ウォーターレス クレンジング ハンドジェル 500ml×2本 780円(税込・2020年5月)
コストコオンライン価格 998円(税込・2020年7月)

だって・・・

ミニサイズの方は、香りが強いから〜〜(苦笑)。なかなか使用する場所が選ばれてしまって。バッグの中に入れて常時持ち歩いてはいるけれど、どちらかと言うと除菌シートを使うことの方が多いです。

ベスプリット全体

コストコオンラインで買った“極上空間(マスク)”と“べスプリット クレンジング ハンドジェル”

2020-04-07

一方、今回購入のハンドジェルは置き型タイプ。携帯は無理ですが、玄関に置いておくとサッと使えてすごく便利。使用感も悪くないですよ。

どんなもの?

ボトルキャップ

店頭の商品タグに、ハンドジェルのアルコール度数は 63 v/v%(=vol/vol・容量%濃度)だと書かれていました。

そうだったんだ。

前回のミニサイズハンドジェルでは、一体どれくらいの度数なのか分からなかったのですが、これでスッキリしました(笑)。

希望としては75%以上の高アルコール度数だったんですけど、前回の記事をUPした後に北里大学が発表した『新型コロナウイルスの不活化効果』を読んで、そんなに高濃度なものは必要ではなく、50%あればOKということを知りました。むしろ手荒れの心配が少ない濃度の方が良いと今は思っています。

それに、WHOの『エタノール殺菌効果の有効範囲』のガイドラインでも 60〜80 v/v%(容量%濃度)とされていますしね。

つまり、63% で十分なのです!



さて、無香料のハンドジェルということで、早速手に付けて香ってみたら・・・

ハンドジェル手

 

消毒液のニオイでした(笑)。

 

病院での注射時に香る、あのニオイ。まさに

 

無香料です!

 

いい香り〜というものではありませんが、ああ、殺菌してくれているなと思えるニオイです(笑)。

また、ジェルの質感はミニサイズと同じで、沢山出すと間違いなく垂れます!

原材料

エタノール ・水・PEG-40水添ヒマシ油・カルボマー・TEA・トリクロサン

ハンドジェルの使い方

ところで、みなさんはハンドジェルっていつ使っていますか?

コストコでも出入り口などに設置されていて、入る時に使用して店内に細菌を持ち込まない、出る時に使用して万が一店内に細菌があっても持ち帰らないようになっていますよね。

私自身べスプリットのミニサイズを購入するまで、自宅では使用したことがなかったので、実際の正しい使用方法を知りませんでした。

ということで、ちょっと調べてみました。



本来手指を消毒する場合、1番良いのは『手洗い』。しっかりと20〜30秒間指先から手首まで洗うのが基本です。

というのも、コロナなどの細菌を殺菌してくれるだけでなく、消毒液では殺菌できないノロウイルスなどにも効果があるから(医療現場では様々な細菌があり、そうとは限らないようですが)

とは言え、水がない場合はそうも行きません。そこで活躍するのが『ハンドジェル』。ノロウイルスに効果はなくても、通常の殺菌はしてくれます。

ここでポイントになるのが、ハンドジェルの正しい使用方法です。正しく使って殺菌・除菌しなければ意味がありませんよね。

結論から言うと、パッケージの記載にあるように、適量(2ml程度)を手のひらにとり、手が乾くまで手の表面全体に塗るのがベストです。

乾くまで塗るという行為は、医療現場で実施されている手の消毒ステップと同様の効果があると言われていて、少量(0.2〜0.2ml)では効果はあまりなく、更に1mlよりも3mlの方が効果が高いと言われています(*参考:CDCガイドライン

また、ジェルを手に塗ってから 10〜15秒で乾いてしまう量だと、消毒は不十分とも。

ならば、使用量は 3ml が良いの?



3ml を1度に使うとどんな感じになるのかわからないので、実際に計量して消毒してみました。

すると、

 

乾燥するまでに・・・

 

40秒ほどかかりました(笑)!

 

流石にこんなに擦り込む必要はないかなと思うので、べスプリットのボトルのワンプッシュ(しっかり下まで押して出すと2ml 程度出ます)でちょうど良いと考えます。

ちなみに、3ml を手の甲に広げると、こんな感じにベトベトになりました(笑)。そりゃあ、乾燥するのに時間がかかるはずです(苦笑)。

ハンドジェルと手

でもって、ボトルタイプのハンドジェルの使用場所ですが、やはり外から家に帰ってすぐに使える玄関に置くのがベストだと思います。

まず手を除菌してから家に入り、念入りに手洗い。これで完璧じゃないですか(笑)? もちろん、外出時に着用していた服もさっさと着替えるのも基本ですけど。

そうそう、手が汚れている場合(特に外遊び後のお子さんの手)は、そのままハンドジェルを使っても効果はあまりないので注意してくださいね。

まとめ

様々なハンドジェルが販売されていますが、今回購入したべスプリットの『クレンジングハンドジェル』は、高濃度アルコールではないものの、除菌するには十分なアルコール度数のある使いやすいものだとわかりました。

現在、一般市場で販売されているハンドジェルは、なかなかの高額。その点コストコではお手軽価格で購入できるので、しっかりと殺菌・除菌に有効な量を気兼ねなく使えるのでおすすめです。

またワンプッシュで適量が出る点や、無香料であることを考えると、誰が使っても不快なく便利に使えるのではないかと思います。

購入制限(1点限り)はあるものの、販売数はそこそこ多めなので、速攻で完売にはならないかなと思っていますが、気になる人や必要な人はお早めに。ハンドソープなどが並ぶコーナーに積まれていましたよ(神戸倉庫店)。

おすすめ度:★★★★☆

 

べスプリット ボトル