誰でもできる!こんなに簡単“ブルーベリージャム”作り

コストコで購入したブルーベリー。新鮮で実もプリッとしていて固めでいい感じ。

アメリカ産 ブルーベリー 680g 598円(税込)

そう思って最初はそのまま食べていたのですが、食べても食べても甘酸っぱいブルーベリーには当たらず・・・(苦笑)。

 

あれ?

 

そこで気付きました。今回購入したブルーベリーの味が全体的に薄いって(泣)。

たまーに遭遇するんですよね、ちょっと残念なブルーベリーに。でも出会ったものは仕方がない。諦めてそのまま食べるか、ジャムやソースに加工するかのどちらかです。

ということで、今回はデザートに使う分を取り分け、急遽ジャムを作ることにしました! それだと甘くておいしいブルーベリーが楽しめますからね(笑)。

レンジを活用

本来ジャム作りは鍋で煮込んで作るのが定番。時間をかけることで徐々に水分が飛び、トロリと仕上がります。でもレンジでも簡単に作ることができるんですよ!

レンジって優秀〜(笑)。私のように手抜きをしたい人にとっては必需品ですね。

さて、レンジで作るブルーベリージャムは、以前作った『ブルーベリーソース』とほぼ同じ感じに仕上がるのですが、ほんの少しゼラチンを使うことで扱いやすい硬さにすることができます。

フレッシュブルーベリーソースで簡単タルトはいかが?

2017-07-02

それでは、レシピをどうぞ。

材料(作りやすい量)

フレッシュブルーベリー・・・100g

グラニュー糖・・・30g

レモン汁・・・1/8個分

粉ゼラチン・・・1g(そのまま使えるタイプを使用・ふやかしが必要な場合はふやかしておく)


  1. ブルーベリーはさっと洗って水気を切っておきます。
  2. 耐熱容器にブルーベリーとグラニュー糖を入れ、ラップをかけて500Wで1分加熱します。
  3. 一旦取り出してスプーンで軽く混ぜ、再びラップをかけ、さらに20秒加熱します。
  4. 加熱が終わったブルーベリーに粉ゼラチンを加え、よく混ぜます。ただし、強く混ぜ過ぎるとブルーベリーが潰れてしまうので注意。
  5. 粗熱が取れたら味をみて、好みの酸味になるようレモン汁を調整しながら加えて混ぜます。
  6. 冷蔵庫で2時間〜ひと晩置けば完成。しっかりとゼリー状に固めたい場合は長めに置いてください。

ね?

すごーく簡単にできますよね(笑)。時短レシピや手抜き簡単レシピにレンジを使うのは、もはや常識。日々うまく利用したいものです。

ちなみに・・・

これが出来立てのジャム。まだゼラチンが固まっておらず、ソース状態です。

で、こちらがひと晩置いたもの(ピントが合わず引きの画像ですみません・苦笑)。しっかりと固まってジャムになっています。

もし、せっかく購入したブルーベリーの味がイマイチだったら、ジャム作りを楽しんでみてください。パンやヨーグルトだけでなく、チーズにかけてもおいしいですよ。