コストコのチーズ“カークランドシグネチャー マイルドチェダーチーズ”でマカロニチーズ

今まで色々なチーズを食べてきましたが、カークランドシグネチャーの『ブロックチーズ』で買ったことがあるのは『グラナ・パダーノ』くらい。

でも無性に『マカロニチーズ』が食べたくなり、先日作るのに必要なチェダーチーズを購入しました。糖質制限中なのに?って聞かないで〜(笑)。

チェダーチーズ全体

カークランドシグネチャー マイルドチェダーチーズ 907g 998円(税込・2020年2月)

買ったのはこれ。チェダーチーズの中でも1番溶けやすい『マイルドチェダーチーズ』です。手で持つとずっしりとくる900g超え(笑)。日本のスーパーで、こんなに大きなサイズって見かけませんよねー。流石はコストコ。

チェダーチーズって?

元々の発祥は、イギリスのサマセット州チェダー地方ですが、今では世界中で作られているチーズのひとつ。

アメリカではどの家庭の冷蔵庫にもある定番のチーズなのです。

 

チェダーチーズの特徴

  • 牛乳から作られるチーズ
  • 比較的安価
  • 熟成度で呼び名が変わる
    *マイルド(2〜3ヶ月)・シャープ(6〜9ヶ月)・エクストラシャープ=ストロングチェダー(15ヶ月以上)
  • レッドチェダー・ホワイトチェダーの2種類がある

 

今回購入したマイルドは熟成が浅く溶けやすいので、ホットサンドやマカロニチーズによく使用されています。

保存方法

こういうブロックタイプは、好きなサイズにカットができる魅力はありますが、ナイフで薄く切るのは結構難しいんですよね。

なので、すぐに使わない分は分厚めに切ってシュレッドっぽく加工し、冷凍保存することにしました。

チェダーチーズカット

冷凍チーズを使う時は、解凍せずにそのまま使うのが鉄則。味が変わらずおいしく食べることができます。

冷凍シュレッド

ずっと前にご紹介した『焼かないマカロニチーズ』レシピと似ていますが、今回はオーブンで焼く本場マカロニチーズバージョンです(笑)。

レシピ

チーズプレート

材料(4〜5人分)

  • マカロニ・・・250g(今回はマカロニがなくガロファロのショートパスタ使用)
  • バター・・・30g
  • 薄力粉・・・30g
  • 牛乳・・・450ml
  • マイルドチェダーチーズ・・・200g
  • 粒マスタード・・・大さじ1/2
  • 塩・・・適宜

マカロニ材料

茹でマカロニ

まずはマカロニを茹でます。時間は短め。

茹でている間にチーズソースを作ります!

バター

バター薄力粉

ホワイトソース

これはホワイトソースができたところ。ここにチーズを加えて混ぜていきます。

ホワイト&チェダー

チーズがきれいに溶けたら、味のアクセントになる粒マスタードも加えます。

粒マスタード

引き続きマカロニも投入。

マカロニイン

オーブン前マカロニ

作り方

  1. オーブンを210℃に予熱開始。
  2. たっぷりのお湯でマカロニを茹でます。茹で時間は2分短めに。
  3. 茹でている間にチーズソースを作ります。フライパン(鍋)にバターを入れて火にかけ溶かします。
  4. 溶けたら薄力粉を加え、泡立て器でよく混ぜます
  5. しばらく炒めたら牛乳を加え、とろみが出るまで絶えず混ぜ続けます
  6. そこにチェダーチーズを全て加え、混ぜながら溶かします
  7. 完全に溶けたら粒マスタードを加え、味をみて塩で調整します
  8. 茹で上がったパスタを加えて混ぜます。
  9. 準備した耐熱容器に移し、オーブンに入れ、約10分焼けば完成。

完成マカロニチーズ

マカロニチーズは、メインとしてグラタンのように食べても良いのですが、付け合わせとしてもおすすめ。濃厚チーズをたっぷり味わいたい日に、ぜひ作ってみてください。

おすすめ度:

チェダーチーズ全体
\follow me!/