ベーコンエッグが好きなら買うべき商品!?コストコ“プリクックド ベーコン”

コストコの加工肉食品には本当に色々な種類があります。2月3回目のコストコショッピングでは、その中からずーっと販売され続けている調理済みベーコンを購入しました。

基本的にベーコンは煮込み料理に使うことが多い我が家では、あまり出番はないかなーということで買ったことはなかったのですが、ものは試しと初購入(笑)。

bacon

カークランドシグネチャー Hormel(ホーメル) プリクックドベーコン 453g 1,428円(税込・2021年2月)

記憶が定かではないけれど、随分前は冷凍コーナーにあったような? でも、現在は冷蔵品として販売されています。

早速食べてみたら、しっかりと旨味のあるベーコンでしかもカリカリーー! レンジで手軽に調理できてすごく便利な商品、買って良かったと思いました。

どんなもの?

この商品は『Hormel社』の商品ですが、カークランドシグネチャーのPB商品として販売されています。Hormel社には、『BLACK LABEL® Fully Cooked Bacon』という商品や『レンジ調理専用ベーコン』などがあるので、それらと同じようなものかと思います。

hormel bacon logo

出典:https://hormel.com/

bacon1

中のベーコンは、以前ご紹介した『プロシュット・ディ・パルマ』のように、ベーコンとベーコンの間にシートが挟まれ取り出しやすくなっています。

しかも画像のように1枚ずつ重ならないよう並べられているので、とても扱いやすい状態。必要な量だけが取り出せるのは有り難い!

1枚のシートの上には9〜10枚程度のベーコンが並べられているので、ざっくり計算すると全部で50枚程度のベーコンが入っていことに。結構な量ですよね〜。

 

プリクックドベーコンの特徴

  • 短時間で調理が可能
  • グリース(焼いた時に出る脂)が少ない

 

lined bacon

パッケージ表面に thick cut とあるように、ベーコンは厚切りです。と言っても、そんなに厚切りには思えないんだけど〜(苦笑)。既に調理されているから、薄く感じるのかなぁ。

 

調理方法

  1. 電子レンジ・・・強で45〜60秒加熱
  2. フライパン・・・予熱したフライパンで2分間加熱(途中で上下を返す)
  3. オーブン・・・200℃に予熱して3分間加熱

 

やはり手軽さから言えば、レンジ一択な気がする(笑)。ということで、まずは 800Wで60秒加熱してみました。

grill bacon

じゅわじゅわと表面に脂が浮いていますよー。そして、少し縮んでいるのがわかります(笑)。

bacon-1

熱々状態だと、かなり油ギッシュですよね〜。でもこれは生のベーコンを焼いた時に比べると格段に少ないみたい。それでもこのまま食べる気にはなれないので、キッチンペーパーで油を吸ってみました。

bacon4

今回はお皿に直接乗せてレンジ加熱しましたが、これだけギトギトになるならレンジ可能(コストコの『タオルペーパー』はOK)なキッチンペーパーを敷いて加熱すると良いかも知れません。

ちなみに、オーブンでまとめてベーコンを焼く場合は、間に挟まれたシートごとベーコンを天板に移動して焼くことも可能です。そう、シートはクッキングペーパーとして使えるんですよ!

では次に、オーブン加熱スタート!

bacon oven1bacon oven2

『プリクックドベーコン』のビフォーアフターですよ〜(笑)。

やはりレンジ加熱と同じように油ギッシュですよね! でも香りは間違いなくこちらの方が良かった。

 

原材料

豚ばら肉・食塩・砂糖/ポリリン酸Na・酢酸Na・酸化防止剤(エリソルビン酸Na)・発色剤(亜硝酸Na)

賞味期限

今回購入したもので2021年6月11日

 

それにしても、こういう商品を作ろうと思ったところがいかにもアメリカらしい〜。きっとベーコンそのものが、日本よりもっと身近な存在だからこそなんでしょうね。

どんな味?

まさにカリカリベーコンの味。

 

普通においしいです。

 

味に特別感があるわけではなく、ごく普通のベーコンがカリカリになっているという感じ。若干塩気が強めだけれど、食感がカリカリだからあまり気になりません(笑)。

ただ、今回のレンジ加熱では加熱ムラがあり、少しグニッとした食感の部分と脂がほぼ抜けてお煎餅のようにカリカリとなっていた部分がありました。その辺りはもしかしたら、使っているレンジによっては時間を調整する必要があるかも知れません。

また、オーブン加熱の方は本格的な『焼いたベーコン』に仕上がっていたので、適度な脂が残っている方が好きで時間があるならオーブン加熱絶対にカリカリがいい! という場合はレンジ加熱という風に使い分けるのがおすすめかも。

個人的には、レンジかなぁ〜。

フライパンに関しては、機会があれば試してみたいと思います(笑)。

まとめ

コストコの定番商品の一つ『プリクックドベーコン』は、手軽にカリカリ食感のベーコンが食べられる便利品。食べたい時にさっと取り出すこともでき、ストレスフリーです。

本来ならじっくりと油を落としながら焼かなければカリカリとしたベーコンには仕上がらないのですが、レンジやフライパンなどを使って短時間で簡単に本格的なベーコンができてしまう! ベーコンエッグ好きにはたまらない商品だと思います(笑)。また、大勢で楽しむBBQでも活躍してくれそうですね。

ただ味に関しては、すごくおいしいベーコンというわけではなくごく普通。カリカリ食感を手軽に食べらることが最大の魅力の商品だとなと思います。

ホーメル社では、2014年からフードサービス事業向けの『調理済みベーコン』ブランドも立ち上げ力を入れているよう。今後はコストコでも、違った『調理済みベーコン』が登場するかも知れませんよ〜。

今回はそのまま加熱するだけのご紹介でしたが、煮物にも使ってみたいと思っているので、もし「あれ? 何?」と思うような仕上がりになったらご報告したいと思います(笑)。あとは細かく刻んでドレッシングにも使いますよ! こちらは間違いなくおいしいはず!

そんな感じでちょこちょこ使える『プリクックドベーコン』、気になる人はぜひ1度便利さを体験してみてください。

おすすめ度:★★★☆☆

bacon