丸めて包む手間要らず!スップリ風ライスグラタン

ちょこっと炊飯器に残ってしまったごはんの活用法として、以前みたらし団子をご紹介しましたが、今日は洋風レシピをご紹介します。

>>残りご飯の使い道。みたらし団子

普段は小分けにして冷凍したごはんも、少しずつたまってくると『そろそろまとめて使わなきゃ』となるわけで・・・(笑)。

そんなときは、主婦の腕の見せどころですよ!「これ、残りごはん?」と家族にバレない気づかれないように調理をしてしまうのです。

ということで、今日はイタリア料理で有名なスップリをアレンジ!スップリ風ライスグラタンレシピです。

スップリとは?

スップリって聞いたことあるけど・・・という人のために少しだけご説明。スップリ(suppli)はイタリアのローマで主に前菜として食べられているライスコロッケのことです。

たまにアランチーニも同じだという人もいますが、ちょっと違うのですよ。基本的に真ん中にモッツァレラチーズが入っていて小さめサイズがスップリで、お米の中にチーズを混ぜ込んでいて真ん中には好みの具材を詰め、サイズも大きなものがアランチーニと呼ばれているのです。

なので、よくイタリアンレストランで前菜に出てくる小さいコロッケは、スップリということになりますね。

材料(4人分)

残りごはん・・・300〜350g

たまねぎ・・・1/2個

生ハム・・・30g

赤ワイン・・・大さじ1

オリーブオイル・・・大さじ1

水・・・200ml

トマトソース・・・大さじ4(60gくらい)

固形ブイヨン・・・1個

モッツァレラチーズ・・・30~40g(シュレッドタイプ使用)

パン粉・・・20g(茶こしなどを使って細かくする)

仕上げ用エキストラヴァージンオリーブオイル(フシコス使用)・・・20g

  1. たまねぎと生ハムはみじん切りにします。
  2. フライパンにオリーブオイルとたまねぎ、生ハムを入れて炒めます。たまねぎが完全に透き通るまでしっかり炒めてください。
  3. そこに赤ワインも加えて、さらに炒めます。
  4. 赤ワインの水分がなくなったら水、トマトソース、固形ブイヨンを加えます。ぐつぐつ沸騰してから約5分煮込みます。
  5. 次に残りごはんも加えさっと混ぜたら、準備した耐熱容器に1/2量を移します。
  6. 移したごはんの上にモッツァレラチーズを全体に広げてのせ、残りのごはんも移し入れます。
  7. 細かくしたパン粉をごはんが隠れるようにトッピングします。
  8. 最後に仕上げ用エキストラヴァージンオリーブオイルをかけ、グリル(オーブントースターでもOK)で約15分焼けば完成です。

スップリのように丸くはないし、ひき肉も入っていないけれど、表面はまるで揚げたようにサクサクなるんですよー!なので、口に入れたらほぼスップリです(笑)。

でも断面にチーズがとろ〜〜り出てほしい!もっと!と思うなら、たっぷりのチーズを挟んでもいいですね。お好みで調整してみてください。

あとポイントは、面倒でもパン粉は細かくすること!これマストです。この細かさがスップリ風の決め手ですから(笑)。

今回、おいしいオリーブオイルで揚げるとうまうまになるスップリを再現したくて、仕上げ用には昨日ご紹介した『フシコス』を使いました。

>>“フシコス”って知ってる?最高品質ギリシャ産オリーブオイル

やっぱりおいしいですよーーー!

口に入れた瞬間がマジでおいしい!

全然しつこくなく軽く仕上がるので、仕上げ用にはおいしいオイルがおすすめです。

>>エキストラヴァージンオリーブオイル『フシコス』

残りごはんをどうしよう?と思ったら、ぜひ作ってみてください。

こちらの記事もどうぞ!