コストコのもう一つのクリスマスケーキ“タキシードケーキ 2020”

先日ご紹介した今年のコストコクリスマスケーキ『ホリデーフルーツフロマージュケーキ』もおいしかったのですが、チョコレート大好きな夫が『タキシードケーキ』も食べてみたいと言うので買って来ましたー!

もうクリスマスにケーキは要らないかも〜〜(笑)。

タキシードケーキ

カークランドシグネチャー タキシードケーキ 1P 2,498円(通常価格・2,698円・税込・2020年12月)

コストコで『タキシードケーキ』が登場し始めたのは、2012年の12月だったか? まだ10年は経っていないと思うんですよね。今でこそクリスマスの定番のように12月に限定登場していますが、昔はバレンタインシーズンにも販売されていました。

初めて見た時は、すごいチョコレートケーキが出た! と驚き、チョコレート好きとしては是非とも食べてみたいと思いましたが、何せ見るからにずっしりと『重い』ケーキだとわかる出で立ち(苦笑)。

つい「次に来た時に」なんて思っていたら、何年も経ってしまっていました(笑)。有難いことに、すっかり定番商品になってくれているので、月日が経った今でも食べることができます。

実際に食べた『タキシードケーキ』は、やはり濃厚なチョコレートケーキでした。でも『ティラミス・ドルチェ』と同レベルの甘さなので、意外と食べられるなという印象を受けました。

甘いもの好き夫なんて、「これ、おいしくていくらでも食べられる」などと恐ろしいことを言うくらい(笑)。

私と同じように「重そう」と敬遠していた人は、1度トライしてみても良いかも知れません。

タキシードケーキって?

タキシードケーキアップ

そもそも『タキシードケーキ』って何よ? って思ったことありませんか?

今回、礼服の『タキシード』と関係があるのか気になり調べてみたら、やっぱり

 

ありました!!

 

定番である白いシャツに黒いジャケットの色の対比が関係していたのです。少し前にコストコで販売されていた『アップサイドダウンケーキ』同様、礼服を『タキシード』と呼ぶアメリカで誕生したケーキのようです。*イギリスでは、タキシードではなくディナージャケットと呼んでいます。

ただ、「こうだ!」というレシピは存在せず、一般的には以下のような条件が揃うと『タキシードケーキ』と言うようです。

 

  • 白と黒のコントラストがある(まれにピンクや黒などの組み合わせあり)
  • レイヤーケーキである
  • ホワイトチョコレートガナッシュやチョコレートガナッシュが使用されている
  • 濃厚なチョコレートでフロスティング(コーティング)している

 

コストコの『タキシードケーキ』は、まさにそのまま! レイヤーケーキだし白と黒のコントラストもあって、トップがフロスティングされている!! 『タキシードケーキ』のお手本のようなケーキだったんですね〜!

どんなもの?

ケーキサイド

では、実際の『タキシードケーキ』をチェックしましょう。まずは原材料から。

 

原材料

ケーキ(乳等を主要原料とする食品・砂糖・チョコレート・全卵・小麦粉・クリームチーズ・その他)・チョコレート・チョコレートスプレッド/加工デンプン・着色料(カラメル・カカオ・カロチン)・炭酸水素Na・膨張剤・糊料(ピロリン酸Na・アルギン酸Na・増粘多糖類・CMC・セルロース)・乳化剤・香料・光沢剤・メタリン酸Na・pH調整剤・(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

横から見てもしっかりと層(レイヤー)になっているのがわかりますね。この層をパッと見た感じだと、下から順に

 

  • チョコレートスポンジ
  • チョコレートクリーム
  • チョコガナッシュ
  • ホワイトチョコ&チーズクリーム
  • チョコレートスポンジ
  • ダークチョコレートフロスティング
  • チョコレートスプレッド・ホワイトチョコレート

 

だと思ったのですが、実際に食べた後は

 

  • チョコレートスポンジ
  • チョコレートムース
  • チョコファッジブラウニー
  • チーズクリーム
  • チョコレートスポンジ
  • ダークチョコレートフロスティング
  • チョコレートパフ・ホワイトチョコレート

 

ではないかと想像しています(笑)。

トップのクリーム

層の中央に散りばめられたチョコレートの物体は、明らかにただのチョコレートではありません。生チョコレートでもありません。しっとりとしていてケーキっぽいものなんですよね。かと言って、スポンジとも質が違う。ということで、ブラウニーかなと思ったわけです。

間違っているかも知れませんが、味のイメージとしてはこんな感じなので、参考にしてくださいね〜。

どんな味?

カットアップ

もちろん、濃厚なチョコレート味で

 

おいしいです。

 

ただ、白いクリーム部分『クリームチーズのクリーム』が少し『トリプルチーズタルト』の味に似ていて、チョコレートスポンジと一緒に食べると、どことなく『ティラミス・ドルチェ』を思い出す味なんですよね。チョコレートスポンジ単体で食べると、ほぼ同じ味だし。

カット部分

なので、おいしいけれど、すごく特別なチョコレートケーキだなとは、正直思いませんでした。

最初の一口

でも、このフロスティング部分は好き(笑)。ねっとり濃厚でおいしい。

まとめ

コストコのクリスマスケーキの定番『タキシードケーキ』は、チョコレートが堪能できるケーキです。

層になっているのでそれぞれの部分だけを食べると違う味が楽しめ、また一緒に食べるとミックスされた味が楽しめます。いずれにしても、ザ・チョコレートな味なので、チョコレート好きの人にはおすすめのケーキです。

甘さについては、ものすごくとまでは行かないけれど甘いです(苦笑)。特に、チョコレートスポンジが甘い!

「いくらでも食べられる」と言っていた夫は、当然ながらすごく気に入って「おいしい」を連呼して食べていましたが、私個人としては、ほんの少しだけ食べると「おいしい」けれど、ワンカット全て食べると「苦しい」感じのするケーキでした(苦笑)。

チョコレートスポンジは、1段で良かったー。

とは言え、おいしいのは間違いないので、ちょっと豪華なチョコレートケーキをリーズナブルに食べたいならぜひ試してみてください。1台で12カット(およそ100g)が目安です。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
choco logo resize
mask logo
mark logo resize
costco logo resize
delica ranking resize
dish logo resize
タキシードケーキ
\follow me!/