コストコのアルチザンチーズ“ビーチャーズ フラッグシップ”はどんなチーズ?

種類豊富なコストコのチーズ。先日は、こんなチーズを購入しました。

BEECHER’S(ビーチャーズ) フラッグシップ 394円/100g 2,175円(税込) 

へぇ、アメリカ産のチーズかぁ。

目に止まった黒いラベルが印象的なフラッグシップチーズ。10年ほど前から世界で注目されはじめた比較的新しいチーズのようです。もちろん、食べるのははじめて。熟成期間は15ヶ月ということなので、「きっとおいしいに違いない」と期待しているのですが(笑)。

ビーチャーズって?

まずはどんなチーズなのか、ちょっと調べてみました。

ビーチャーズは、2003年に設立されたアメリカの手作りチーズ専門会社。伝統的な製法を用いて丁寧にチーズを製造しています。原料になる生乳は、自社農場のホルスタインとジャージー種から。もちろん成長ホルモン剤などは使われていない乳牛です。また、チーズ製造時に防腐剤や添加物なども使用されていません。

フラッグシップ原材料
  • 生乳
  • 食塩

今回購入した『フラッグシップ』はビーチャーズの代表的チーズで、種類はチェダーチーズになります。またアルチザンチーズのひとつでもあります。

アルチザンチーズってなに?

アルチザンは腕の良い職人という意味を持つ単語で、その名のついたアルチザンチーズとは、ごく限られた生産者(=マスターチーズメーカー)ができる限り手作業で作った希少価値の高いチーズのことを言います。ちなみに、マスターチーズメーカーは世界中にいくつもありますよ。

2005年、このフラッグシップは『ワールドチーズアワード』で3位を受賞するなど、アメリカの新しいチーズとしてすでに認められています。ということは、やっぱりおいしいに違いない・・・(笑)。

どんなチーズ?

では、実際のチーズを見てみますよ。

画像ではわかりにくいかも知れませんが、チーズ表面や断面には白い粒(アミノ酸の結晶)が浮き出ています。それだけしっかりと熟成していて旨味がたっぷりある証拠ですね。

ナイフでカットするとホロっと崩れる感じなので、少し大きめのブロックにすると扱いやすそうです。

まずは、そのまま食べてみます。

 

!!

 

おいしーーい!!

 

予想を遥かに超えるおいしさ!!口当たりも良く、しっとりとしていて程よい塩加減です。食べていると時々シャリっというアミノ酸の結晶がまたいい(笑)!旨味も十分、酸味もあって本当においしいです。

久々の感動(笑)。

HPでは、マック&チーズ(マカロニチーズ)やベイクドサンドレシピが紹介されていました。

ということで、溶かしてみました。

ああ、これすごくおいしい!

私の大好きなミュンスターと通じるおいしさがある(私にしかわからないけど・笑)!

>>やっぱりおいしい!コストコのおすすめスライスチーズはこれ!

すっかりファンになりましたよ。これを削ってサラダにトッピングしたりスープに入れてもおいしそう!どんどん使って食べたいと思います。

ところで、ブロックタイプのチーズは量が多くて食べきれないかもと思ってしまいがちですが、冷凍保存も可能なんですよ。自然解凍でそのまま食べると若干風味は落ちますが、加熱調理ならまったく問題ありません。

みなさんも、コストコで見かけたらぜひ食べてみてください。ワインとの相性は抜群です(笑)。

おすすめ度:★★★★★