コストコの調味料“bibigo(ビビゴ)プルコギたれ”でプルコギビーフ

コストコの定番デリカ『プルコギビーフ』は、我が家ではさほど好評価ではないので、今まで調味料として販売されている『プルコギたれ』を購入したことはありません。

ところが、以前食べたデリカ『甘辛チキン』が大絶賛だったので、コチュジャン入りの方なら食べるんじゃない? と思い、試しに買ってみることに。

甘辛チキン全体

食べすぎちゃうよ!コストコのデリカ“甘辛チキン”

2020-01-18
プルコギ本体

CJ bibigo(ビビゴ) コチュジャン プルコギたれ 840g 588円(税込・2020年2月)

このプルコギたれは、CJのブランド『ビビゴ』のもの。ビビゴと言えば、水餃子やビビンバの素など、おいしい商品がシリーズで揃っています。

>>CJについては、以下の記事で。

おうちdeグルメ!ビビゴのお手軽“ビビンバの素”

2018-02-17

デリカの『甘辛チキン』には、プルコギソースとコチュジャンプルコギソースの両方が使われていましたが、完全な味の再現を目指しているわけではないので、とりあえずコチュジャン入りだけでどんな味になるのか試してみました。

家族には、市販の『プルコギのたれ』を使ったとは言わずに炒めた鶏肉を出してみたら、「おいしい」の声が(笑)! ピリ辛味ならOKなんだ。以来、便利に使っているんですよ。

どんなもの?

プルコギたれ

この赤茶色のトロッとした『たれ』が、コチュジャン入りプルコギたれ。色でコチュジャンが入っているのが、わかりますよね(笑)。しかも蓋を開けた途端、甘辛い香りがするんですよー!

このまま食べたい!

と、思ってしまうほど、おいしそうな香りです(笑)。適度なとろみもあるので、具材を漬け込むのも混ぜるのも簡単にできるのが嬉しい。



原材料

コチュジャン・果糖ぶどう糖液糖・しょうゆ・砂糖・りんごピューレ・梨ピューレ・食塩・にんにく・唐辛子粉・清酒・こしょう・しょうがエキス・ごま/調味料(アミノ酸)・酸味料・増粘剤(キサンタンガム)・パプリカ色素・トウガラシ抽出物・(一部に小麦・りんご・大豆・ごまを含む)

なるほど、りんごや梨のピューレが入っているから甘い香りがするんですね。

そもそもプルコギというのは、醤油ベースの甘辛たれに漬け込んだ肉や野菜を焼いた韓国の定番料理。言わば焼肉のようなものです。

そんなごはんによく合うおかずが、自宅で簡単に作ることができるよ、という便利な『たれ』なんですね。

どんな味?

実際にプルコギビーフを作ったら、こんな風に仕上がりました。

プルコギ

 

なかなか、いい感じ。おいしそうでしょう?

具材は家にあったもので、牛肉薄切り・玉ねぎ・ピーマン・しめじを使いました。ネギを最後に加えようと思っていたのに、入れ忘れちゃいました(苦笑)。でも、なくてもおいかった。

味は、コチュジャンが効いていて結構辛さがあり、そのまま食べるよりもごはんと合わせたい感じです。小さいお子さんには、ちょっと辛いかも知れませんね。

プルコビアップ



後日、豚肉とチーズを使って作ってみたら、また違った味わいになりおいしく食べることができました。大根サラダのアクセントに、たらりとかけてもおいしかった。

まとめ

甘辛チキンの影響で、もしかしたらピリ辛プルコギなら食べられるかも、と買ってみた『コチュジャン プルコギたれ』は、そのままプルコギ作りに使っても、和え物たれとして使ってもおいしいことがわかりました。

ピリッとした辛さは食欲をそそるので、モリモリ食べたい日に使うと良いかも(笑)。とにかく、色々アレンジ可能な『たれ』だと思います。

ただ、しっかりとした味付けになるので、たれの入れ過ぎには注意です。・・・そうです、適当にドバッと入れたら辛くなり過ぎた経験あり(苦笑)。

『コチュジャン プルコギたれ』は、牛肉・豚肉・鶏肉・野菜など、どんなものでも合うので、簡単に調理したい日などに使えば、あっという間にメインが完成!

本当に便利なので、もしまだ使ったことがないという人は、ぜひ使ってみてください。おすすめです。

おすすめ度:★★★☆☆

 

プルコギ本体