ちょっぴり大人味!?焼きっぱなしの“ビターアップルパイ”レシピ

大きくて立派なりんごはフレッシュで食べるのが好きですが、小さかったり収穫後時間が経っているものは、やっぱりお菓子作りに使うことが多いです。

ロキッドアップル

今年もコストコに入荷!“ニュージーランド産 ロキットアップル”で簡単ベイクドアップル

2020-06-17

つい最近も、規格外の小さなリンゴがお安くなっていたので購入。早速アップルパイを作りました。

カットリンゴ

今回使った品種は『ふじ』、シャリシャリとした食感が特徴のりんごです。

こうしてカットしていると、りんご好きのわんこ達のうるさいこと(笑)! 薄くカットしておやつにあげると、シャクシャク音を立てて食べていました。



さて、今日のアップルパイレシピは、ちょっと大人の味『ビター』がテーマです。

普段よく作るアップルパイは、甘くてバターを加えたリッチな味なんですけど、たまには甘くないアップルパイも良いなと作ってみました。パイ生地は手作りしていますが、冷凍パイシートを使うとお手軽ですよ。

ビターアップルパイの作り方

まず、パイ生地を作ります。作り方は、下部のレシピカードや過去の折込みパイ生地レシピを参照してくださいね。

折込みパイ生地だって簡単に!家でも失敗なく作れるレシピ

2018-07-29

できた生地は、2〜3mm厚さに伸ばして、12cm×20cm くらいのものとひと回り大きめサイズのものを準備しておきます。*フィリングのりんごのキャラメリゼができるまでは、冷蔵庫で待機。

次に、フィリング部分『りんごのキャラメリゼ』を作ります。

りんごを好みの大きさにカットしてスタンバイ。ゴロゴロと歯応えを楽しみたい場合は大きめに、ペースト状が良ければ小さくカットして潰しても良いです。その辺りはお好みで。



フライパンにグラニュー糖を入れて火にかけ、グツグツと沸騰してキャラメル色になり煙が立ってきたら、りんごを加えます。

りんごを加えている

りんごを加えることでキャラメルの温度が下がり、一旦固まりますが、だんだん溶けてくるので大丈夫です。火力は中火、もしくは中火の弱で。

りんご&キャラメル

焦げないように混ぜながら炒めて行きます。

りんご&キャラメル2

りんごから水分も出てきて、こんな感じに馴染んできます。でも、まだまだ。

キャラメルりんご

段々りんごの色がキャラメル色になってきました。あと少しです! 目安は、りんごの柔らかさ。潰れない程度の柔らかさになればOKです。

もしペースト状にしたいなら、木べらなどで潰しながら炒めてください。でき上がったら、そのまま冷ましておきます。

ここで、オーブンを190℃設定で余熱開始。

パイ&キャラメルリンゴ

準備した小さい方のパイシートの上に、キャラメリゼしたりんごを画像のように乗せ、もう1枚を上から覆うよに被せ、端を水で濡らして閉じていきます。

閉じた部分をフォークなどで更に模様をつけつつ押さえると、焼いた時に開いてしまうことがありません。



全体に卵液を塗ったらトップ中央に空気穴を小さく開け、予熱完了したオーブンで20分ほど焼きます。

一旦取り出しグラニュー糖をふりかけ、さらに10〜15分焼けば完成。*グラニュー糖をわざわざかけなくても良いので、その場合はそのまま30分程度焼いてください。

アップルパイ

ご覧のように、いつも売り物のようなパイには仕上がらず、残念だなぁと思うんですけど、良く言えば『焼きっぱなし』ということで納得(笑)。

完成アップルパイ

食べる時は、ホイップクリームやアイスクリームを添えてもおいしいけれど、まずはビターな味を楽しんでくださいね(笑)。

使ったコストコ食材

尾張製粉薄力粉

コストコの定番商品“尾張製粉 薄力小麦粉”でお菓子を作ろう!

2020-04-10

他の焼き菓子レシピもチェック

秋ですから。モンブランタルトを作りませんか?

2017-10-11

いつまでもサクサク!ちょっと本格的な“ココアメレンゲクッキー”

2019-07-20

 

アップルパイ

ビターアップルパイ

marronroy
1 台分
ちょっと苦味のあるキャラメリゼしたりんごをたっぷり入れたパイレシピ
Prep Time 1 hr 15 mins
Cook Time 45 mins
Baking Time 30 mins
Total Time 2 hrs 30 mins
材料
  
パイ生地
  • 薄力粉 ・・・120g
  • 強力粉 ・・・30g
  • 無塩バター ・・・120g
  • ・・・小さじ⅓〜½
  • 冷水 ・・・60ml
  • ・・・1個(混ぜておく)
フィリング
  • りんご ・・・430〜450g
  • グラニュー糖 ・・・70g
作り方
 

パイ生地

  • フードプロセッサーに薄力粉・強力粉・塩・2〜3cm角にカットした無塩バターを入れて10秒ほど混ぜます。
  • そこに冷水を加えて、生地がある程度まとまるまで混ぜます。*混ぜ過ぎないこと。
  • 生地を取り出し、ラップに包んで冷蔵庫へ。1時間以上冷やします。
  • 休ませた生地を打ち粉をしたオーブンペーパーに取り出し、さらに生地上にも打ち粉をします。
  • めん棒を使って5mm厚さに伸ばします。なるべく長方形になるように。
  • 伸ばした生地を三つ折りにして90度回転させて向きを変え、もう1度5mm厚さに伸ばして三つ折りにします。この作業をもう1度繰り返します。
  • 再度三つ折りにした生地を冷蔵庫で1時間以上休ませます。
  • 冷蔵庫から取り出した生地は手早く2〜3mm厚さに伸ばし、端を切り落とし、2枚の長方形にカットします。

フィリング

  • りんごを好みの大きさにカットします。
  • フライパンにグラニュー糖を入れて中火にかけます。
  • 濃い茶色になって煙が出てきたら、りんごを加えます。
  • 中火のまま、混ぜながらりんごをキャラメリゼします。
  • りんごが色付き柔らかくなったらOK。そのまま冷まします。

アップルパイ

  • オーブンを190℃に予熱開始。
  • 長方形にカットしたパイ生地の上にキャラメリゼしたりんごを全て乗せます。周りを1cmくらい開けておきます。
  • もう1枚のパイ生地を上から被せ、端に水をつけて閉じます。フォークなどで押さえつつ、模様を付けます。
  • 全体に卵液を塗り、上部中央に穴を開けます。
  • オーブンに入れて20分焼いたら、一旦取り出します。この時オーブンは加熱したままで。
  • 表面にグラニュー糖(分量外)をふりかけ、再びオーブンへ。約10分ほど焼けば完成です。
メモ
ビター感を出すためには、しっかりとグラニュー糖を焦がしてください。
パイ生地が厚いと焼き時間が長くなり、生焼けになるので注意。
アップルパイ