炊き合わせ風あっさり水菜のスープ

  • 冬から春にかけてが旬の水菜は、京都の伝統野菜で別名京菜とも言われています。壬生菜(みぶな)とは兄弟(?)のようなもので、そのシャキシャキした食感が特徴なんですよね。

少し辛みのある壬生菜もおいしいのですが、水菜は生でも食べやすいよう品種改良されたものもあり、サラダにもよく使われています。

小さい頃は今のようにやわらかくなく、サクサク?とした硬めの食感が苦手だったのですが、大人になってから「なんておいしいのー」と感じるようになりました(笑)。

なので我が家ではよく食卓にのぼります。

>>水菜のオリーブオイル蒸し

今日は、以前ご紹介した水菜のレシピとはまた違ったシャキシャキ食感はそのまま残る水菜のスープレシピをご紹介します。味付けはだし汁と塩のみ。具沢山だけれどあっさりしているので朝食にもおすすめです。

材料(1人分)

水菜・・・1株

人参・・・2cmくらい

ハム・・・1枚

だし汁・・・200ml

炒りごま・・・適量

塩こんぶ・・・適量

塩・・・適宜

  1. 耐熱容器(レンジOKのどんぶりなど)にだし汁と千切りにした人参を入れ、レンジ(800w)で2分ほど加熱します。
  2. ハムも細切りにして耐熱容器に加え、さらに1分加熱します。ここで味をみてうすければ塩で調整します。
  3. 最後に、きれいに洗ってザクザクと4〜5cm長さに切った水菜も加え、レンジで1分加熱します。(取り出すときは容器が熱くなっているので注意してくださいね)
  4. 炒りごまと塩こんぶをトッピングすれば完成です!

食べるときは、全部をよく混ぜてから食べてください

レンジでチンするだけでできちゃうスープは、簡単だけれどビタミンたっぷりです。忙しいときや疲れているときにちょうど良いですねー。

こういうスープをちゃちゃっと作るには、時間のあるときに前もって野菜を切っておくといいですね。調理時間をさらに時短できますから。

毎日料理をするなら、レンジも上手に使って(ドイツの人には注意されそうだけど)、食事作りをもっと楽にしたいものですね。