宗家キムチの“ねぎキムチ”でもっちりキムチチヂミ

先日ご紹介した、宗家キムチの『韓国キムチセット』に入っていた『ねぎキムチ』を使って、チヂミを作ってみましたー!

今度は少量パックで登場!“宗家(チョンカ)キムチの韓国キムチセット”

2019-06-12

コストコでチヂミと言えば、『ビビゴのチヂミの素』が人気ですよね。実はこのチヂミの素で作ったチヂミを食べて、私のチヂミのイメージがすごく変わりました。

おうちdeグルメ!第2弾。ビビゴ“チヂミの素”

2018-04-17

元々息子と同級生だったママ友が韓国の人で、その人から教わったチヂミレシピ(薄力粉をほとんど入れない卵たっぷりのもの)が本場のチヂミだと思っていたんですよ。

でもビビゴのものは、もちもちで・・・。日本と同じで、チヂミも本場韓国の地方によって多少レシピが違うのかも知れませんが、もちもちのチヂミもおいしくて好きだなと思ったわけです。

ということで、今日のレシピはもちもちバージョンです(笑)。

ピリッとした辛みが食欲をそそる、これからの季節におすすめのレシピですよ。今回は『ねぎキムチ』を使っていますが、市販の白菜キムチでもおいしく作ることができます。

それでは、レシピをどうぞ。

材料(4枚分)

ねぎキムチ・・・1パック(150g)

薄力粉・・・200g

卵・・・2個

ニラ・・・1/2束

水・・・300ml

ウェイパー(中華だし)・・・大さじ1/2

ごま油・・・適量

<たれ>

コチュジャン・・・大さじ2

醤油・・・大さじ2

酢・・・大さじ2

  1. たれの材料を合わせて、よく混ぜておきます。
  2. ボールに薄力粉・水・卵を入れてよく混ぜます。
  3. しっかりと混ざったら、4〜5cm長さに切ったねぎキムチとニラも加えて混ぜます。
  4. フライパンにごま油を入れて火にかけ、香りが立ったら生地の1/4量を入れて焼きます。上記画像のように周りが固まってきたら(およそ2分)上下を返し、焦げ目が着くまで3分ほど焼きます。残りも同じように焼きます。
  5. 焼けたチヂミは食べやすい大きさに切って器に盛り付け、たれを添えれば完成です。

ねぎとニラ特有の食感が楽しめるもちもちチヂミ、香ばしいごま油の香りとピリ辛がおいしく、食欲のない日にもおすすめです。

今回たまたま『韓国キムチセット』を購入していたのでねぎキムチチヂミを作りましたが、これが予想以上においしかった!! そのまま食べたねぎチヂミよりも、はるかに食べやすくなった気がします(笑)。

ところで、今年は梅雨入りが遅い関西地方ですが、そろそろ突入しそうな予感。今後のうっとうしい梅雨や暑い夏を乗り切るためにも、キムチなどの発酵食品をたくさん食べるように心がけたいですね!