コストコで必ず買う野菜ってなんですか?私のお気に入りはスプリングミックス!

コストコの野菜コーナーには、巨大冷蔵庫があるのは有名ですね(笑)。

その中に入るのって寒い今の季節は避けたいのですが、冷蔵管理されたフレッシュフルーツ(ラズベリーやブルーベリーなどのベリー類やドラゴンフルーツなど)やフレッシュ野菜を買うには入らなければいけません(苦笑)。

なので、いつも「よし、入るぞ!」と勢いをつけて入ります。

さて、そのひんやり冷蔵庫でいつも買う野菜があるのですが、それは・・・

 

ベビーリーフです!

オーガニック スプリングミックス 312g 498円(税込・購入時)

実は、このオーガニックスプリングミックスを購入したのは、今回がはじめて。今まで国産の『有機栽培ベビーリーフ』(200g 498円) という商品を購入していました。

ざっと見渡したところ、いつもの商品がなくこちらが並んでいたので買ってみたのですが・・・さて、どんな感じでしょう?

スプリングミックスって?

ところで、日本でベビーリーフと呼ばれる野菜やハーブの若い葉(幼葉=おさなば)は、アメリカではスプリングミックスと呼ばれているのです。

元々はイタリアが発祥のようですが、栄養もあって、いろいろな野菜が1度に楽しめ、彩りがきれいなので瞬く間に様々な国で食べられるようになりました。

確かにクセもあまりなく食べやすいですからね。サラダや付け合わせには使いやすい野菜です。

ところが、スプリングミックスはサラダ(特にビネガーを使用するサラダ)にはあまり向いていないとか、どんなサラダも同じに見えるし、どんな種類の野菜がミックスされているかを知らない人もいるという意見もちらほらあるようで・・・。

確かに、早めにドレッシングで和えると食べるときにはぺちゃっとなってしまいますよね。それに食べている葉の種類を気にしているかと言えば、気にしていない(私は)!

それでも、アクはないし若い葉ということで栄養価が高いので好んで食べてしまうのですが(笑)。

主婦としては、でき上がった料理の彩りはやはり気になるところで、ほんの少しお皿に乗せるだけで何となくワンランク上の仕上がりになった気がして(笑)、そういう意味でも、若い葉のミックスは有り難い存在だなと思います。

みなさんはどうですか?

アースバウンド ファーム

さて、このスプリングミックスを販売している会社『アースバウンド ファーム』は、アメリカ カリフォルニア州のサンフランシスコよりも少し南側、サン・ホアン・ハイウェイ沿いにあります。

ちょうどベビーリーフがイタリアンやフレンチレストランで使用されるようになり出した1980年代に創設され、はじめて洗浄した野菜をパッキング販売して成功した会社のようです。

創設時から取り扱う商品は、すべて有機栽培されたものだけ!

もう30年以上前から『有機』にこだわり生産しているということなので、かなり安心して口にできる野菜じゃないかと思います。ちなみに、コストコで販売されていた『オーガニック ベビーケール』がここの商品だったようです。

日本のスーパーで購入できるベビーリーフと比較すると、たとえば同じ量(312g)を購入したとすると・・・

 

1,500〜1,700円にもなりますよっ!!

 

きゃーー、このスプリングミックスは超安いじゃないですか!!

パックにぎっしり詰められたスプリングミックスは、写真で見てわかるようにとても新鮮でした。

量が多いので食べられないと心配している人もいるかも知れませんが、私は野菜室にそのままパックごと放り込んで、使うたびに『プレスンシール』でリパック!この方法で約1週間はおいしく食べられましたよ!

>>ちょっと便利なラップ!“PRESS’N SEAL”を使ってみた

なので、小人数のご家族でも食べきれるんじゃないかと思います。なにより『高額野菜』と意識することなく、たーーーっぷり遠慮なく食べられるのがGOODじゃないかと思います(ここ重要・笑)!

たまたま見かけて購入した商品なのですが、とても気に入ってしまいました

というわけで、今までは『有機栽培ベビーリーフ』をヘビリピ買いしていましたが、これからは『スプリングミックス』を買いたいと思います。(販売が続けばですけど・・)

どうして変更するかというと、ミックスされている野菜の種類が違うから(笑)。個人的にスプリングの方に好きな野菜が入っているのです。

以下7種類がミックスされています。


画像お借りしています。

ここに水菜とルッコラが入っていれば完璧なんですけどね・・(笑)。

みなさんは、コストコで必ず買う野菜ってありますか?もし、まだベビーリーフが未経験ならぜひ1度買って食べてみてください。おすすめですよ。

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!