今年のクリスマスデザートに“トライフル”

いよいよ明日はクリスマスイブですね。

毎年クリスマスにはケーキを準備しますが、ホールケーキやビュッシュ・ド・ノエルだけでなく個々に食べられるよう“トライフル”もいいな、と思い作ってみました。

トライフルってなに?

トライフルの発祥はイギリス。

カスタードやフルーツ、ホイップクリームやゼリー、カットしたスポンジケーキなどを器の中で重ねて作るデザートのことで、本国でもクリスマスによく食べられているようです。またスポンジにお酒やジュースを染ませることもあり、さまざまな種類のトライフルレシピがあります。

つまり、トライフルのアレンジは自由自在というわけです!

好きな材料を器にポポンと順に入れて作ればOK! そう思って作ると簡単だと思えますよね〜(笑)。

クリスマスだからケーキを作りたい、でもホールケーキを作るのはちょっと敷居が高いなーと感じた時は、トライフルはうってつけかも知れません。

今回作ったトライフルは、買い置きしていた『TOMIZのココアスポンジ』とホイップクリーム、クリームレジェール、いちご、オレオ、マシュマロをポポンとグラスに放り込んだだけ!!

TOMIZ ココアスポンジ

見た目はあまり美しくないけれど、家族で食べるなら十分です(笑)。ちなみに、よく似ているパフェはアイスクリームとフルーツがメインとなります。

レシピ

材料(小さめグラス5個分)

  • ココアスポンジ・・・5号サイズ1/2枚
  • いちご・・・13粒
  • オレオ・・・2枚(あれば)
  • マシュマロ・・・5個
  • アラザン・・・15粒(あれば)

<クレームレジェール>(カスタードと生クリームを合わせたもの)

  • 卵黄・・・2個
  • 牛乳・・・120ml
  • グラニュー糖・・・75g
  • コーンスターチ・・・大さじ2
  • バニラエッセンス・・・適宜
  • 生クリーム・・・150ml(飾り用含む)

作り方

  1. オレオをビニール袋に入れて、叩いて割っておきます。
  2. いちごは洗って水分をきれいにとり、飾り用5個を残して縦半分に切ります。
  3. 鍋に卵黄とグラニュー糖50gを入れよく混ぜ、コーンスターチも加えてよく混ぜます。
  4. 混ざったら牛乳を加え火にかけます。だまを作らないようによく混ぜ、とろみが出てきたらバニラエッセンスを加えます。フツフツと沸騰するまで混ぜ続けます。
  5. でき上がったカスタードクリームをバットなどに取り出し、ラップをぴっちり貼って冷まします。
  6. ボールに生クリームとグラニュー糖25gを入れ、角が立つまで混ぜホイップクリームを作ります。
  7. 冷ましたカスタードクリームとホイップクリームの1/3量をボールに入れてよく混ぜます。さらにホイップクリームの1/3量を加え、ゴムベラで混ぜます。これでクリームレジェールができました。
  8. クリームレジェールと残ったホイップクリームを別々の絞り出し袋に入れます。
  9. ガラスの器の底に、割ったオレオを入れクリームレジェール、スポンジケーキ、いちご、クリームレジェール、スポンジケーキの順に重ねて入れます。
  10. 最後に残しておいたホイップクリームで飾りつけして、いちごと焼き目をつけたマシュマロをのせれば完成です。

    メモ:容器に入れる順番はお好みで。トライフルらしさを出すなら、ガラスの器は必須です!

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
\follow me!/