コストコのマスカルポーネチーズ“Latterie Venete 1887( ラッテリーエ・ヴェネテ)”

久しぶりにマスカルポーネチーズをコストコで購入しました。

マスカルポーネ

Latterie Venete 1887(ラッテリーエ・ヴェネテ) マスカルポーネチーズ 500g 768円(税込・2020年6月)

マスカルポーネチーズと言えば、イタリアのフレッシュチーズの代表格。ティラミスの材料としても有名ですよね。

今回購入したマスカルポーネチーズは、イタリア大手食品メーカー『カ・フォルム社(1987年設立)』のブランド『Latterie Venete 1887(以下、ラッテリーエ・ヴェネテ)』のものです。

比較的あっさりとした味で、とてもなめらか。料理やお菓子に使いやすいチーズでしたよ。

ラッテリーエ・ヴェネテって

ラッテリーエ・ヴェネテは、1887年からイタリアのヴェネト州でチーズを作り続けている酪農工場です。2012年、買収を経てカ・フォルム社の主力ブランド『ラッテリーエ・ヴェネテ 1887』として生まれ変わりました。

veneteロゴ出典:http://www.caseusveneti.it/

元々カ・フォルム社は、会社設立前の1941年から、ヴェネチア州アジアーゴ高原にて家族でチーズ製造をしていました。



現在アジアーゴでは生ハム、ヴェネト州の広大な工場ではオリジナルチーズブランドの『FIOR DI MASO(フィオールディマーゾ)』やラッテリーエ・ヴェネテ、同じくヴェネト州にある豚肉加工工場も傘下に入れてサラミの製造もしています。

fiordimasoロゴ

出典:https://www.fiordimaso.it/

また、アジアーゴDOPチーズとモンタシオDOPチーズをはじめとする『DOP=イタリアの原産地呼称保護制度』商品も製造し、他社PB商品も手掛けるなど、今ではイタリア食品業界のリーダー的存在となっています。

コストコには以前からフィオールディマーゾのチーズは入荷していて、恐らく2013年カ・フォルム社の日本法人カ・フォルムジャパンが設立されたことにより、そちら経由で色々なイタリアチーズが入荷しているんだと思います。

確か、現在販売されているリコッタチーズもフィオールディマーゾブランドだったはず。今後は、さらに同ブランド商品を見かけるようになるかも知れませんね。

どんなもの?

マスカルポーネ中身

マスカルポーネチーズの特徴は、何と言ってもこのねっとり感。ぽってりとしていて、少し重みがあります。

そのまま食べたことがある人は分かると思いますが、砂糖は一切入っていないのに甘みがあるんですよね。不思議です。



本当に、濃ーーーい生クリームを食べている感じですよ。

原材料

生乳・クエン酸

製菓用のイメージが強いマスカルポーネですが、ミッチリ詰まったドイツパンやフルーツたっぷりのカンパーニュなどに塗って食べてもおいしい! またパスタソースに使ったり、ディップにするのもおすすめです。

意外とクセがないので、色々な料理に使えます。

ティラミスアップ

と言いつつ、まずはお約束のティラミスに使いましたけど〜(笑)。

まとめ

コストコで購入したイタリアのフレッシュチーズ『マスカルポーネ』は、あっさりとした中にもコクがありまろやか、製菓用としてだけでなく料理にも使いやすいおいしいチーズでした。

マスカルポーネチーズは熟成させないので、原料である生乳(牛)の風味が味わえるものです。濃厚なクリームが好きな人は、きっと好きな味だと思いますが、クリームチーズが苦手という人は、もしかしたらダメな味かも知れません。どこか似た風味がありますから。

ということで、現在コストコで販売されているマスカルポーネチーズは量が多いけれど、パスタソースに使えば2回分(4人分)です。

さほど心配しなくても使い切れると思うので、気になる人は1度食べてみてください。おすすめです。

おすすめ度:★★★★☆

 

マスカルポーネ