これはおいしい!コストコで買った“シチリア カステルベトラーノ グリーンオリーブ”

イタリア語って、本当に舌を噛みそう(笑)。

今日ご紹介するのは、『コストコ コネクション』にも登場していたグリーンオリーブ『シチリア カステルベトラーノ』です。

グリーンオリーブ

MADAMA OLIVA(マダマオリーヴァ) シチリア カステルベトラーノ グリーンオリーブ 1,134g(固形700g) 1,058円(税込・2020年11月)

ここのメーカーのオリーブは食べたことがないと思っていたのですが、調べてみたら随分前にコストコで買ったスナックタイプのグリーンオリーブと同じメーカーでした。

おつまみオリーブ(オリーブ・オブ・シチリア)でペースト作り

2017-03-20

当時は簡単なレシピ紹介で使っただけだったので、詳しく調べていなかったのですが、今回初めて MADAMA OLIVA(マダマオリーヴァ)の商品だったことに気付きました(笑)。

やはりコストコに入荷する商品は、ポンっと単独でと言うより、関連メーカー及びブランド商品が多いですね。「あ、同じ系列のブランドだったんだ」ということはよくあります(笑)。

さて、肝心の味ですが、

ものすごくおいしいです。

文句なし! 種ありでちょっと食べにくいとは思っていますが、それでもオリーブの実の味はしっかりとしていて、塩加減もちょうど良く後味も良い。ついついつまみたくなるオリーブですよ。

どんなもの?

まずは、マダマオリーヴァについて。

1989年創業のマダマオリーヴァは、イタリアを代表するフレッシュオリーブメーカーです。現在世界40ヵ国以上に様々な品種のオリーブ製品を輸出しています。各種認証(ISO・BRC・IFSなど)も取得しているので、製品は安心して口にすることができます。

原料となるオリーブは、イタリアとギリシャの最高品質のみ。商品にはDOP(原産地呼称保護制度)のオリーブもあれば、タプナードやスナックタイプなどもあり、種類は豊富です。

usdaマーク

コストコ商品ってどんなもの?これを見ればすぐわかる!?認定マーク一覧

2020-02-10



今回購入したものは種ありですが、種なし商品もあります。

オリーブ出典:https://www.madamaoliva.it/

さて、舌を噛みそうだと言った『カステルベトラーノ』は、シチリア島ベリーチェ渓谷でのみ栽培されるオリーブで、適度な甘みとマイルドな味が特徴です。種の周りには、上質なオリーブオイルも詰まっています。

蓋

このフレッシュオリーブのおいしさの秘密は、完熟する前の9月に手摘みされた『カステルベトラーノ』だけで作られているところ。鮮やかな緑色としっかりとした歯応えが残っています。

取り出したオリーブ

どうですか? コロンときれいな楕円形をしていますよね。この形も『カステルベトラーノ』の特徴みたいです。

原材料

オリーブ(種あり)・食塩/酸味料

どんな味?

オリーブアップ

もうね、

 

すごーーくおいしい!!

 

オリーブは、グリーンもブラックもどちらも好きなんですけど、このグリーンオリーブは別格です。とにかく歯応えが抜群に良くて、旨味が凝縮されているからずっと食べていたい感じ!! 最後に残った種を出すのも躊躇するほどです(笑)!



種ありは食べにくいけれど、種周りのオイルがやっぱりおいしく、種なしにはない味わいがあります。単独で食べてもおいしいけれど、チーズやソテーした魚と一緒に食べたりするのもおすすめです。

私はワインと一緒に、もっぱらパクパク食べていますけどね〜(笑)。

まとめ

コストコのチルドコーナーに登場した『シチリア カステルベトラーノ グリーンオリーブ』は、オリーブらしい旨味が詰まっていてジューシー。料理に使っても、おつまみとしてそのまま食べてもおいしいオリーブです。

冷蔵タイプなので、若干冷蔵庫のスペースを確保する必要はありますが、1パックあればしばらく購入する必要もなく、また塩水に浸かっているので食べ急ぐ必要もありません。

『コストコ コネクション』で紹介されていたような、おしゃれな料理に使うのもよし、プッタネスカなどのパスタに使ってもOK。常備しておくと、これからのクリスマスシーズンに活躍してくれると思いますよ。

>>プッタネスカ風ソースレシピはこちら

パンガシウスとトマトソース

クセがなくて食べやすい!コストコの“生パンガシウスフィレ”

2020-02-27

気になる人はぜひ食べてみてください。おすすめです。

おすすめ度:★★★★☆

 

グリーンオリーブ