もっと食べよう!オーシャンスプレイ“クレーズン ドライクランベリー”消費作戦

今日は、コストコで購入したドライクランベリー消費レシピのご紹介です。

以前ご紹介したカナダ産三元豚肩ロース肉のレシピでも使用しているのですが、毎日少しずつ食べていても、なかなか減らないのがコストコあるある(笑)。

>>コストコで購入!カナダ産ブロック肉“三元豚肩ロース肉”で赤ワイン煮込み

そこで、甘酸っぱいドライクランベリーを少しだけ食べやすく、ジャム風にアレンジして食べることにしました。

ドライクランベリーの栄養

オーシャンスプレイ クレーズン ドライクランベリー 1.36kg 1,158円(税込)

ところで、真っ赤な宝石クランベリーの原産国ってどこだか知っていますか?

それは、アメリカです。ブルーベリー・コンコード(ぶどう)と共にアメリカ三大フルーツと呼ばれているのです。昔から『抗酸化力が高い』ことも知られていて、体に良いフルーツとして有名です。

たとえば、代表的なところでい言うと、

  • アントシアニン・・・目の疲労回復。
  • ビタミンC・・・風邪予防など。
  • プロアントシアニジン・・・尿路感染症の予防や改善に効果あり(細菌の付着防止)。むくみ解消。
  • 食物繊維・・・腸内環境を整える。

など、体に良いとされる栄養がいろいろと含まれている、言わばスーパーフルーツなのです。

でも、日本で(特に女性の)注目を浴びるようになったのは比較的最近のことで、今でこそ、どこででも購入できるようになりましたが、以前はそうではなかった気がします。

 

あれ?

 

そう言えば、フレッシュクランベリーって食べたことないなぁ?

実は、フレッシュクランベリーは酸味が強く味もあまりないため、ソースやジュース、ドライフルーツなどに加工されることがほとんど。だから、お目にかかることがあまりないのです。

私たちが口にするクランベリーが、『クランベリージュース』や『ドライクランベリー』なのも納得ですね(笑)。



では、ドライクランベリーのジャム風レシピをどうぞ。

材料(作りやすい量)

ドライクランベリー・・・200g

水・・・450〜500ml

グラニュー糖・・・50g

お湯・・・適量

  1. お湯を沸かします。
  2. 水が切れるザルなどにクランベリーを入れ、お湯をかけてコーティングされた油分を落とします。少しふり洗いする感じに動かすとまんべんなく落ちると思います(画像参照)。
  3. 次に水気を切ったクランベリーとグラニュー糖を鍋に入れ、水も浸る程度まで加えます。
  4. 中火にかけて沸騰させてアクを取ったら、弱火にして約20〜30分煮詰めます。
  5. ほぼ水分がなくなれば完成です。

これで、甘酸っぱいドライクランベリーが、より甘くてソフトなものになりました。あっ、先日購入した抹茶&クランベリーロールケーキのクランベリーも、これくらいソフトだったらもっと食べやすかったかも・・・(苦笑)。

>>コストコのデザートに新商品!“抹茶&クランベリーロールケーキ”

でき立てをリッツ&ミニブリーと一緒に。これ、すごくおいしかったー!

ジャム風クランベリーは、水分を飛ばしているので垂れることもありません。もちろん、ドライクランベリーと同じように、ヨーグルトにトッピングしてもおいしく食べられます!

ドライクランベリーを買ってみたけれど、まだ残っている、そのまま食べるのも飽きてきた、という人は、ぜひ作ってみてください。

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!