コストコのチーズ“Arla(アーラ)スナックチーズ ハバティ&ゴーダ”

最近、手軽に食べられる個包装のチーズをよく購入しています。その理由はもちろん! 糖質制限中でも気にせず食べることができるから(笑)。

>>糖質制限についてはこちらの記事で。

なんとか体脂肪を減らしたい!“低糖質 二週間分のロカボナッツ”を買ってみた

2019-02-20

間食が必需品の私にとって、糖質がほぼないチーズは有り難い存在なのです。

 

食べたい時に、パッとすぐに食べられる手軽さもいい!

 

本当に重宝するんですよー! 今までは、それがチョコレートだったんですけどね・・・今は少々我慢です(苦笑)。

Arla(アーラ) スナックチーズ ハバティー&ゴーダ 510g(24個) 1,458円(税込)

コストコはチーズの種類が豊富。ブロックからスライスまで色々あります。で、意外と個包装ものも揃っているんですよ。イルチェスターチーズもそうだし、モッツァレラチーズもそう。

今回購入した Arlaのチーズは、以前からコストコで販売されているものですが、昨年だったか『Dofino(ドフィーノ)』というブランド名がなくなり新たに『Arla』として登場しました。でも、パッケージデザインは文字が消えただけで同じなんですけどね。

Arlaって?

初めて『Arla』という文字を見た時、「アーラ、アルラ?」何て読むんだろうと思って調べてみたら、アーラでした(笑)。

Arla は、2000年にスウェーデンの酪農会社Arlaとデンマークの酪農会社MD foodsが合併して誕生した会社、Arla foodsのチーズブランドのひとつ。クリーム・スライス・シュレッド・スナックチーズなど、様々な種類が揃っています。

ちなみに、Arlaブランド以外では、LurpakCastelloというブランドがあり、どれも世界中で販売されているんですよ。

どんなチーズ?

では、中身をチェック。

見ての通り、ドサっと個包装チーズが! ハバティ・ゴーダチーズがそれぞれ12個ずつ入っています。サイズは4cm×5.5cmほどで、原産国はアメリカです。

原材料

<ハバティーチーズ>生乳・食塩<ゴーダチーズ>低脂肪乳・食塩/アナトー色素

パッケージにはざっくりとした原材料(日本語表記)しかなかったのですが、それぞれにカルチャー(チーズを作るための菌)やレンネット(凝固剤)も使われています。

こうして出してみると、色の違いが明らかですよね。ハバティの方は、特有の空気穴が空いています。

どちらも手で割ることができ、それなりに硬さがあります。実際に食べてみると、口の中でゆっくりとチーズの味が広がる感じで、なかなか味わい深い感じ。

それぞれの特徴
  • ハバティチーズ・・・デンマーク伝統のチーズ(クリーミータイプ)。とてもマイルドで食べやすい味。少しナッツ系の風味もある。ぶどうと好相性。
  • ゴーダチーズ・・・オランダ伝統のチーズ。クセがなくクリーミーで、どこかバターに近い味がする。りんごと好相性。

個人的にはハバティチーズの方が好きなのですが、どちらもおいしいです!

まとめ

コストコで人気のハバティーチーズとゴーダチーズのスナックタイプを初めて食べましたが、どちらもそれぞれチーズ特有の味が楽しめるものでした。

日本のスナックチーズにありがちなプロセスチーズとは違い、本物のチーズが手軽に楽しめるのはうれしい限り。今までに食べたことがない人には、特に試しやすいサイズだと思います。

おすすめの食べ方は、そのまま食べたり、サンドイッチにしたりクラッカーに乗せて食べることですが、チーズの味を活かせるフルーツとの組み合わせもおすすめ。また、どちらも加熱するとまた違った味わいが楽しめるので、そちらもおすすめです。

1袋に2種類の味が入っているので、最後まで飽きることなく食べることができる点もGOOD! おやつやおつまみとして、大活躍すること間違いなし! まぁ、我が家の場合は、ほぼ間食として私のお腹に吸収されるんですけどね(笑)。

コストコには、他にも種類がたーくさん! ぜひチェックしてお気に入りのチーズを見てけてくださいね。

おすすめ度:★★★☆☆